GUITAR GRILL<br>“サンプリングの源流のさらに源流”
feature #169

GUITAR GRILL
“サンプリングの源流のさらに源流”

ギターとカヴァーの美味しい関係。ギターにピントを合わせれば、あの曲もこの曲も味わいがガラリと変わる。ギタリストのワダマコトがカリプソ愛を香辛料にして熱く調理します。

ワダマコト
Ep.30 / 29 Feb. 2024

←Ep.28

既存の音源を流用するいわゆるサンプリングという手法は、ヒップホップ以降広く普及したわけだが、これらの源流はジャマイカにあったというのは面白い歴史。

さらにその源流といえるかも知れない。既存の楽曲を引用するというのは30~40年代のトリニダードのカリプソには多く存在する。イントロやテーマとして丸ごと引用するものもあれば、歌のなかに一節挟まれるものもある。まるで劇中劇のようにも思えるユニークな作りだ。

これは、中絶手術を受けるために町を出た売春婦のストーリーで、発売当時かなり問題になったという。

Roaling Lion「Netty Netty」

「Netty Netty」のイントロのフレーズは、ファッツ・ウォーラーがヒットさせた「Christopher Columbus」。

Fats Waller & His Rhythm「Christopher Columbus」

元来のストリング・バンド編成だったトリニダードの楽団に、ホーン・セクションやドラムセットがもたらされたのは、米国や英国のジャズ・バンドの形態からの影響だっただろう。編成を真似たら実際に演奏も真似てみたいのは自然なこと。「アメリカじゃこんなのやってたよ」ってな風にそのままフレーズを頂いてしまった感じだろうか。

同じく重鎮カリプソニアン、ライオンの楽曲「Bing Crosby」。こちらは途中で挟み込むスタイル。タイトル通り、当時の大スターであったビング・クロスビーを讃える歌。1分51秒あたりに引用されるのはクロスビーの36年のヒット「Pennies From Heaven」だ。

The Lion「Bing Crosby」
Bing Crosby「Pennies From Heaven

ライオンのレパートリーで人名がタイトルになっているのをもうひとつ。「Four Mills Brothers」ではヴォーカル・グループ名門、ミルス・ブラザースを讃えてみせる。歌のなかで引用される〈I Ain’t Got Nobody…〉という一節は、ミルス兄弟のレパートリーでもあったスタンダード曲。

The Lion「Four Mills Brothers」
Mills Brothers「I Ain’t Got Nobody

恐らくは、このミルスが歌うフィルムをライオンも眺めて心打たれたのかも知れない。

引用というわけではないが、フランク・シナトラについて歌ったのはウィルマス・フーディニー。「ボビー・ソックス・アイドル」と呼ばれティーンエイジャーの人気を席巻したフランク・シナトラに向かって、「お前の声はカリプソに向いてるから、是非歌ったほうが良い。トリニダード訛りはわしが教えてやるさかいに」などと、身の程知らずなアドバイスをするフーディニーが可愛い。歌の最後は当時大ヒットしていた米国のアンドリュース・シスターズの「Rum And Coca Cola」を揶揄して、「カリプソっつうのはあんなもんじゃねぇよ」と。

Wilmoth Houdini「Bobby Sox Idol (Frank Sinatra)」
Andrews Sisters「Rum and Coca Cola」

人名曲繋がりでもう一曲。ジャイヴ・エンターティナー、キャブ・キャロウェイの歌はマクベス・ザ・グレートによるもの。

Macbeth the Great「Cab Calloway」

テレビもまだ普及していなかった時代。世界規模で考えると、やはり映画に出ていたスターは強いようだ。

そんなこんな。音楽や文化は想像するよりずっと軽やかに行ったり来たり。混じり合い、絡み合い、折り重なって形作られて来たのですな。古い歌を聴きながら、しみじみとロマンを感じるのであります。

(つづく)

Profile
カリプソ狂。結成20年を迎えるライヴバンド、カセットコンロスを率いるギタリスト / シンガー。ソロ活動ではWADA MAMBO名義でもアルバムをリリース。ブルース~ジャンプ&ジャイヴ経由カリプソ。BLUES & SOUL誌の連載ほか、音楽についての執筆業も。妻x1、クロネコx1、シロネコx2、と共に暮らしています。
音楽活動のない日は、東横線の綱島駅と大倉山駅が最寄りの、音楽と雑貨の店ピカントにいます。
con-los.com
wadamambo.com
ppdp.jp
piquant.jp
Our Covers #043 ワダマコト

Our Covers

Iñigo Pastor
Our Covers #096

Iñigo Pastor

Munster Records
奥山一浩
Our Covers #095

奥山一浩

PICKUP + oncafe 店主
TOMOE INOUE
Our Covers #094

TOMOE INOUE

宅録純音楽家 / ラジオ浄土寺便
Amemiya KSK
Our Covers #093

Amemiya KSK

discos PAPKIN

EyeTube

Terrace Martin – Ignorance Is Bliss [Kendrick Lamar]
EyeTube #1740

Terrace Martin – Ignorance Is Bliss [Kendrick Lamar]

Workshy – I Saw the Light [Todd Rundgren]
EyeTube #1739

Workshy – I Saw the Light [Todd Rundgren]

The Temperance Seven – You’re Driving Me Crazy [Guy Lombardo and His Royal Canadians]
EyeTube #1738

The Temperance Seven – You’re Driving Me Crazy [Guy Lombardo and His Royal Canadians]

Primal Scream – Gimme Some Truth [John Lennon]
EyeTube #1737

Primal Scream – Gimme Some Truth [John Lennon]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT
T-Shirts

DUBCAT

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock

Zungguzungguguzungguzeng
T-Shirts

Zungguzungguguzungguzeng