GUITAR GRILL<br>“偉人ハリー・べラフォンテ”
feature #136

GUITAR GRILL
“偉人ハリー・べラフォンテ”

ギターとカヴァーの美味しい関係。ギターにピントを合わせれば、あの曲もこの曲も味わいがガラリと変わる。ギタリストのワダマコトがカリプソ愛を香辛料にして熱く調理します。

ワダマコト
Ep.22 / 3 May. 2023

←Ep.21

ハリー・べラフォンテが亡くなった。べラフォンテの大ヒット曲「Banana Boat Song」は、正確にはトリニダード・トバゴで言うところのカリプソではなくて、ジャマイカのワークソングのようなものであるというのはよく言われるところ。しかし、べラフォンテがフォーク・ミュージック・ブームの先駆けとしてカリブの民謡を世界に紹介する形でこの曲を歌ったことで、〈カリプソ〉という言葉自体が改めて世界に広まったことは間違いない。実際、カセットコンロスをはじめた頃、年配の方から、どんな音楽をやってるのかと尋ねられて「カリプソ」と答えると、「懐かしい! べラフォンテや浜村美智子みたいな感じ?」なんて反応が多かった。

べラフォンテが歌った純粋にカリプソが起源の曲といえば、「Man Smart Woman Smarter」がある。

Harry Belafonte「Man Smart Woman Smarter」

タイトル通りに、男性よりも女性のほうが賢いのだと歌われるカリプソ古典。それは、神話のエデンの園のアダムとイヴまで遡って検証され、愉快な語り口で描かれる。なんともユニークな歌詞だ。オリジナルとされるのはキング・レイディオ。洒脱でいて武骨な戦前カリプソのアンサンブルがお見事な1936年録音。

King Radio「Man Smart Woman Smarter」

これが、1945年のマクベス・ザ・グレイトによって洗練される。バックは名門、ジェラルド・クラークの楽団だ。

Mac Beth, the Great「Man Smart Woman Smarter」

さらにアメリカナイズされてリズミカルでスウィンギーなのがデューク・オブ・アイアンの50’s録音。

The Duke of Iron「Man Smart, Woman Smarter」

バハマの歯抜けのピアノ弾き、ジョージ・シモネットのヴァージョンは、ジャマイカのメントにも近い味わい。

George Symonette「Man Smart Woman Smarter」

メントと言えば、のジョリー・ボーイズも歌っている。この味わい深さと言ったら。

The Jolly Boys「Woman’s Smarter」

バハマのカリプソ兄弟、タルボット・ブラザーズは、アコーディオンも入ってひときわ楽しい。

The Talbot Brothers Of Bermuda「Man Smart Women Are Smarter」

見事にツイスト化したのはゲイリー U.S. ボンズ。

Gary “U.S.” Bonds「Man Smart, Woman Smarter」

ロバート・パーマーの70’s録音はニューオーリンズ風味に仕立てられてて、やたら煌びやかだ。ライヴ映像でご覧ください。

Robert Palmer「Man Smart, Woman Smarter」

ほかにも、チャック・ブラウンによるゴーゴー仕立てのものなどなど、キリがないほど多くのカヴァーが残されている。「Not Me」というタイトルで録音されていることも多いので、さらなる聴き比べも果てしない。

話をべラフォンテに戻して…

べラフォンテに関しては、人種差別、飢餓問題、そして反戦反核など、活動家としての功績も知っておいてほしい。近年のドキュメンタリー映画などで、公民権運動の語り部として登場するべラフォンテを目にされた方も多いと思う。
『WE ARE THE WORLD』の企画を提唱したのもべラフォンテだったという。僕らの世代にとっては、ベネフィット・アルバムという、〈自分にもできる社会貢献〉をはじめて体験したのが、英国の『BAND AID』、そして『WE ARE THE WORLD』だった。有名人の自分だからできること。例えば音楽を通じて、世界で起きている問題を人々に気付かせる。いち早くそんな役割を担った偉人だった。

最後に、その『WE ARE THE WORLD』録音風景から。レコ—ディングの合間にアル・ジャロウが歌い出して、大合唱へと発展する「Banana Boat Song」が、なんとも楽しいので是非。

Banana Boat Song Day

(つづく)

Profile
カリプソ狂。結成20年を迎えるライヴバンド、カセットコンロスを率いるギタリスト / シンガー。ソロ活動ではWADA MAMBO名義でもアルバムをリリース。ブルース~ジャンプ&ジャイヴ経由カリプソ。BLUES & SOUL誌の連載ほか、音楽についての執筆業も。妻x1、クロネコx1、シロネコx2、と共に暮らしています。
音楽活動のない日は、東横線の綱島駅と大倉山駅が最寄りの、音楽と雑貨の店ピカントにいます。
con-los.com
wadamambo.com
ppdp.jp
piquant.jp
Our Covers #043 ワダマコト

Our Covers

Yo. Shinoyama
Our Covers #098

Yo. Shinoyama

Searchin' music store
内田大樹
Our Covers #097

内田大樹

rotary店主
Iñigo Pastor
Our Covers #096

Iñigo Pastor

Munster Records
奥山一浩
Our Covers #095

奥山一浩

PICKUP + oncafe 店主

EyeTube

The Nat Birchall Quartet – Ringo Oiwake [美空ひばり]
EyeTube #1775

The Nat Birchall Quartet – Ringo Oiwake [美空ひばり]

The Bodysnatchers – Too Experienced [Bob Andy]
EyeTube #1774

The Bodysnatchers – Too Experienced [Bob Andy]

The Beatles feat. Tony Sheridan – What’d I Say [Ray Charles]
EyeTube #1773

The Beatles feat. Tony Sheridan – What’d I Say [Ray Charles]

Nick Heyward – Hot Love [T. Rex]
EyeTube #1772

Nick Heyward – Hot Love [T. Rex]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug