ディスク・ボイジャー<br>“夏アレンジはじめました”
feature #107

ディスク・ボイジャー
“夏アレンジはじめました”

魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》がお贈りする、カヴァーソング桃源の世界。

野田晋平(パライソレコード)
Ep.30 / 11 Aug. 2022

←Ep.29

そうめんに冷やし中華、かき氷…夏季限定の「はじめました」にあやかり、今回は納涼アレンジということで、原曲が元々夏ソングなものから大胆な夏化を図ったものまでカヴァー曲大集合はじめました。もはや焼け石に水!? 的な猛暑が続きますが、なんとか乗り切りましょう!

Title

Bali Ha’i

Artist
Disconnection
Original
Bloody Mary & the Ken Darby Singers – Bali Ha’i

1949年にブロードウェイで初演され、のちに映画化にもなった『南太平洋』はエキゾ名曲として数々の音楽家によりカヴァーされる「Bali Ha’i」を生んだことでも知られますが、こちらはニューウェイヴ〜ポストパンク期の1982年にリリースされたディスコネクションによるヴァージョン。ベースラインを強調したディスコパンククラシック。ポップ・グループ一派がリリースする《Y Rrecords》からのあまりにもらしい1枚!

Title

Yellow Magic Carnival

Artist
Van Dyke Parks
Original
ティン・パン・アレー – イエロー・マジック・カーニバル

米国音楽の深淵を支え続ける音楽家ヴァン・ダイク・パークスはソロ作はもちろん、カリプソキング、マイティー・スパロウやエッソ・トリニダード・スティール・バンドのプロデュースも務めるなど、その目と耳をカリブ海へも向けたことで知られていますが、細野晴臣のトリビュートアルバムに残したティン・パン・アレー「イエロー・マジック・カーニバル」はまさにそんなヴァン・ダイク節が全開となった素晴らしいカヴァー。楽園音楽ですな!

Title

Wait Until Tomorrow

Artist
Caetano Veloso e Gilberto Gil
Original
Jimi Hendrix – Wait Until Tomorrow

カエターノ・ヴェローゾ&ジルベルト・ジルというブラジルMPBの盟友がタッグを組んだ1993年のアルバムから、ジミ・ヘンドリクス『Axis: Bold As Love』に収録の「Wait Until Tomorrow」のカヴァー。ブルージーな原曲に対し大所帯のブラジリアンパーカッションを率いたサンバアレンジで夏仕様に!

Title

You’re Young

Artist
桑名晴子
Original
Macky Feary Band – You’re Young

桑名正博の妹、桑名晴子1978年のアルバムはデビュー作にして海外録音というレーベルからの期待度がうかがえる豪華さ。ビル・ペイン他リトル・フィート系の面子が集ったB面に対しA面はハワイのバンド、カラパナに在籍したマッキー・フェアリーが完全バックアップ。ロコAORの最高峰ソロ作『Macky Feary Band』に収録の名曲「You’re Young」をカヴァーしています。さすが本家を後ろ盾にしたナイトメロウなアレンジ。エレピがとろけます…

Title

Good Vibrations

Artist
Todd Rundgren
Original
The Beach Boys – Good Vibrations

ポップ狂人トッド・ラングレン1976年のシングル。アルバム『Faithful』にも収録されたご存知ビーチ・ボーイズの怪作「Good Vibrations」のカヴァー。あの幾重にも重なるハーモニーを伝家の宝刀〈多重録音〉やってのけたカヴァーというかもはや贋作的意図も感じてしまうほどのクオリティ。ラジオ局がリスナーにどっちがオリジナルか聴き分けさせるコンテストをやったなんて逸話もあるほど!?

Title

スウィート・メモリーズ

Artist
スターダスト・レビュー
Original
松田聖子 – スウィート・メモリーズ

ビーチ・ボーイズのようなコーラスアレンジを得意とする日本のアーティストといえば山下達郎がまず頭に浮かびますね。アカペラ作『オン・ザ・ストリート・コーナー』のシリーズでは一線を超えちゃったくらいの至宝の多重コーラスを魅せてくれますが、スターダスト・レビュー1986年のアカペラアルバム『チャーミング』だって忘れちゃいけない。スタンダードジャズや坂本九「上を向いて歩こう」などカヴァー曲がずらりと並ぶ内容ですが、松田聖子の「スウィート・メモリーズ」がこれまた絶品。この清涼コーラスで気分は一気に夏!

Title

Summer Breeze

Artist
Gracie Rivera
Original
Seals & Crofts – Summer Breeze

テキサス出身の男性ヴォーカルデュオ、シールズ&クロフツによるヒット曲「想い出のサマーブリーズ」はアイズレー・ブラザーズによってもカヴァーされ、70’sソウルクラシックにもなりましたが、こちらは香港で活動したシンガー、グレイシー・リベラによる女性ヴォーカルバージョン。ワウギター&澄んだヴォーカルで夏を想う!

(つづく)

Profile
魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》主宰。世界中の魅惑サウンドを探し求め、中古レコードをメインに(ほぼ)毎日新入荷を更新中。 http://paraisorecords.com/
Our Covers #020 野田晋平

Our Covers

鈴木惣一朗
Our Covers #085

鈴木惣一朗

ミュージシャン / 音楽プロデューサー
イハラカンタロウ
Our Covers #084

イハラカンタロウ

ミュージシャン
松本章太郎
Our Covers #083

松本章太郎

ココナッツディスク江古田店店長
國友洋平
Our Covers #082

國友洋平

pianola records / conatala

EyeTube

倍賞美津子 – いつも一緒に [Mandrill and Michael Masser, Antonio Inoki & the Fighters]
EyeTube #1175

倍賞美津子 – いつも一緒に [Mandrill and Michael Masser, Antonio Inoki & the Fighters]

MFSB – K-Jee [The Nite-Liters]
EyeTube #1174

MFSB – K-Jee [The Nite-Liters]

Janet Kay – Betcha by Golly Wow [The Stylistics]
EyeTube #1173

Janet Kay – Betcha by Golly Wow [The Stylistics]

Eric Clapton – After Midnight [J.J. Cale]
EyeTube #1172

Eric Clapton – After Midnight [J.J. Cale]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT
T-Shirts

DUBCAT

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock

Zungguzungguguzungguzeng
T-Shirts

Zungguzungguguzungguzeng