ディスク・ボイジャー<br>“まず模倣から始めてはいかがなものか”
feature #092

ディスク・ボイジャー
“まず模倣から始めてはいかがなものか”

魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》がお贈りする、カヴァーソング桃源の世界。

野田晋平(パライソレコード)
Ep.26 / 7 Apr. 2022

←Ep.25

新年度、新学期、新生活。不慣れな旅立ちはまず模倣から始めてはいかがなものか。というわけで今回は様々なアーティスト、バンドの初作(アルバム・シングル)に収録されたカヴァー曲を特集。持ち球が少ない故の策? いや自身のオリジナリティを見せつける絶好の見せ場としてのアレンジをどうぞ!

Title

Gloria

Artist
Patti Smith
Original
Them – Gloria

のちに「パンクの女王」と称されるようになるSSW、詩人パティ・スミスの1975年ファーストアルバム『Horses』に収録されたヴァン・モリソンが在籍したゼム「Gloria」のカヴァー。パンククラシックと呼ばれる彼女を代表する1曲に!

Title

Slow Down

Artist
The Jam
Original
Larry Williams – Slow Down

ニューヨークがパティならロンドンはクラッシュ「ポリスとコソ泥」といきたいとこですが、今回はジャム「Slow Down」で。ビートルズなどもカヴァーしたR&Rの巨人ラリー・ウィリアムズによるニューオリンズクラシックで、スタイル・カウンシル〜ソロ作にまで続くポール・ウェラーの音楽嗜好が垣間見れる1曲。ネオモッズシーンにも影響を与えたジャムによるこのヴァージョンは数ある曲の中でも最強の仕上がり!

Title

Shake

Artist
Small Faces
Original
Sam Cooke – Shake

こちらはオリジナルモッズ、スティーヴ・マリオット率いるスモール・フェイセス1966年のファーストアルバムからサム・クックの代表曲としても知られる「Shake」のカヴァー。ジャズやR&Bなどの黒人音楽をバンドサウンドでグッドリサイクルしたモッズのお手本とも言える素晴らしいアレンジ!

Title

Have Love Will Travel

Artist
The Sonics
Original
Richard Berry – Have Love Will Travel

バンドサウンドでのグッドリサイクラーといえば、モッズよりもさらにワイルドかつ凶悪にアレンジしたのが60’sのガレージバンドたち。その中のビッグボスと言えるソニックス1965年のファースト『Here Are The Sonics』はほぼ(全部?)カヴァー曲で構成された内容ですが、その中でも極悪なのがリチャード・ベリーのR&Bチューン「Have Love Will Travel」。ドゥーワップ調のオリジナルがとんでもないシャウトソングに。ちなみにノースウエストガレージの雄キングスメンでおなじみの「Louie Louie」もリチャード・ベリー!

Title

La Bamba

Artist
Steve Jordan & Jordan Brothers
Original
Ritchie Valens – La Bamba

極悪さではこちらも負けてないテキサス-メキシコ越境サウンド、テックス-メックスの怪人スティーヴ・ジョーダンの初作に収録の「La Bamba」。メキシコ民謡が元の曲をリッチー・ヴァレンスのアレンジによりヒット。ジョーダンによる機材が潰れるんじゃないかって思うほどの暴音は数あるカヴァーの中でも最狂ですね!

Title

Ringo

Artist
Trojans
Original
美空ひばり – りんご追分

越境サウンドといえばスカビートで様々な国境を渡ったギャズ・メイオール率いるトロージャンズが1987年のファーストアルバム『Ala-Ska』でカヴァーした美空ひばり「りんご追分」。カタコト日本語で歌われるオリエンタル慕情。最高ですなっ!

Title

家へおいでよ

Artist
江利チエミ
Original
Rosemary Clooney – Come On-a My House

美空ひばり、雪村いづみと並ぶ三人娘として人気を博した江利チエミ1952年のデビュー曲(SP)となる「テネシーワルツ」のカップリングとして収録されたローズマリー・クルーニーのカヴァー。美空ひばりに匹敵する歌唱力で知られる彼女の15歳とは思えぬものすんごい名演。ちなみに「家においでよ」の作者ロス・バグダサリアンはテープ早回転声(通称「ムシ声」)でおなじみのチップマンクスを生み出す奇才!

つづく

Profile
魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》主宰。世界中の魅惑サウンドを探し求め、中古レコードをメインに(ほぼ)毎日新入荷を更新中。 http://paraisorecords.com/
Our Covers #020 野田晋平

Our Covers

鈴木惣一朗
Our Covers #085

鈴木惣一朗

ミュージシャン / 音楽プロデューサー
イハラカンタロウ
Our Covers #084

イハラカンタロウ

ミュージシャン
松本章太郎
Our Covers #083

松本章太郎

ココナッツディスク江古田店店長
國友洋平
Our Covers #082

國友洋平

pianola records / conatala

EyeTube

倍賞美津子 – いつも一緒に [Mandrill and Michael Masser, Antonio Inoki & the Fighters]
EyeTube #1175

倍賞美津子 – いつも一緒に [Mandrill and Michael Masser, Antonio Inoki & the Fighters]

MFSB – K-Jee [The Nite-Liters]
EyeTube #1174

MFSB – K-Jee [The Nite-Liters]

Janet Kay – Betcha by Golly Wow [The Stylistics]
EyeTube #1173

Janet Kay – Betcha by Golly Wow [The Stylistics]

Eric Clapton – After Midnight [J.J. Cale]
EyeTube #1172

Eric Clapton – After Midnight [J.J. Cale]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT
T-Shirts

DUBCAT

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock

Zungguzungguguzungguzeng
T-Shirts

Zungguzungguguzungguzeng