ディスク・ボイジャー<br> “映画の中の名カヴァーシーン”
feature #084

ディスク・ボイジャー
“映画の中の名カヴァーシーン”

魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》がお贈りする、カヴァーソング桃源の世界。

野田晋平(パライソレコード)
Ep.24 / 9 Feb. 2022

←Ep.23

『ボヘミアン・ラプソディ』に『イエスタデイ』そして今月より日本公開の『ザ・ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ』など近年音楽を題材にした映画が続々ヒットしていますが、今回はそんな映画の中で主人公たちが歌うカヴァー曲を特集。おなじみのあの曲この曲もストーリーの流れの中でまた違った印象に。きっと無数に存在するので、シリーズ化必至!? ということでまずは王道編から!

Title

Johnny B. Goode

Artist
Marty McFly (Michael J. Fox) with the Starlighters
Original
Chuck Berry – Johnny B. Goode

何を今さら! と怒られそうですが、やはり外すことができないマイケル・J・フォックス主演の映画史に残る傑作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』よりマイケル扮する主人公マーティーの歌う「ジョニーBグッド」。この演奏をチャック・ベリーが電話口で聴いたことでこの名曲が生まれたっていうオチも天晴れですね。ちなみに私はマーティーヴァージョンを先に聴いています。きっとそういう人多いはず!
YouTube

Title

I Will Follow Him

Artist
聖キャサリン修道院聖歌隊
Original
Franck Pourcel & Paul Mauriat – I Will Follow Him

ウーピー・ゴールドバーグの名を世界に轟かせた1992年の大ヒット映画『天使にラブソングを』。マフィアから逃れるクラブ歌手が修道院に身を潜め、堅苦しい聖歌隊をポップス化していくというザ・王道のストーリー展開だけにカヴァー曲も満載ですが、なんといっても印象的なのはこの曲でしょう。ペギー・マーチがオリジナルだと思ってましたが、イージーリスニングの巨匠フランク・プゥルセルとポール・モーリアの変名によるインストが原曲みたいですね。まさに何度でも観たいハイライトシーン。『金曜ロードショー』とかでやってたらもうええやろうと言いつつ絶対観るやつ!
YouTube

Title

Funky Nassau

Artist
Erykah Badu and The Blues Brothers Band
Original
The Beginning of the End – Funky Nassau

ジョン・ベルーシとダン・エイクロイド主演、もうオリンピック選手団ですか? ぐらい豪華なミュージシャンたちも続々登場する1980年映画『ブルースブラザーズ』の続編として1998年に公開。驚愕のBBキングにエリック・クラプトンも出演ということで、言うまでもなくこちらも音楽ネタ満載でしたが、ブルースブラザーズバンドによるザ・ビギニング・オブ・ザ・エンドの「Funky Nassau」なんてレアグルーヴ曲も登場。エリカ・バドゥのヴォーカルがこれまたファンキーで最高なんです。こういうの《レコード・ストア・デイ》とかでアナログ化しませんか?
YouTube

Title

Cuban Pete

Artist
Jim Carrey
Original
Jose Norman – Cuban Pete

もう顔が軟体動物としか思えないジム・キャリーがCGでさらに変幻自在なマスクマンになっちゃった名作『マスク』よりルイ・アームストロングなんかもカヴァーし、デシ・アーナズによってヒットしたラテンの名曲「Cuban Pete」を歌う名シーン。これぞエンターテインメントの極み!
YouTube

Title

Rock ‘N’ Roll High School

Artist
P.J. Soles
Original
Ramones – Rock ‘N’ Roll High School

ラモーンズ出演の1979年学園ロックンロール・コメディーの傑作『ロックンロール・ハイスクール』より主演のP・J・ソールズ扮するラモーンズ大好きリフちゃんの歌う「ロックンロール・ハイスクール」おてんばバージョン。ラモーンズのメロディーのポップさがさらに際立つガールズパンク。これが日本だと「ツッパリ High School Rock’n Roll」になるのか!?
YouTube

Title

Cherry Bomb

Artist
Dakota Fanning
Original
The Runaways – Cherry Bomb

奇才キム・フォーリーが手がけ、あのジョーン・ジェットも在籍したガールズバンド、ザ・ランナウェイズ2010年の伝記的映画『ランナウェイズ』より彼女たちを代表する名曲「Cherry Bomb」来日コンサートでのライブシーン。ドラッグに堕ちていったヴォーカルのシェリー・カーリーを演じたダコタ・ファニングの退廃的なパフォーマンスがあまりにも凄すぎて、こりゃ文句なしの原曲越えのカヴァーと言っていいでしょう。ちなみにジョーン・ジェット役のクリスティン・スチュワートは左手首にブラック・フラッグの4本線のタトゥーを入れたらしいぞ(映画の後の話ですが)!
YouTube

Title

Tea for Two

Artist
Anita O’day
Original
Vincent Millie Youmans – Tea for Two

そのはじまりは1920年代のミュージカルから。以降スタンダードとして歌い継がれる「二人でお茶を」。現在に至るまで数え切れないほどのカヴァーが存在するこの曲ですが、その最高峰とも言えるのが映画『真夏の夜のジャズ』で歌うアニタ・オデイのヴァージョン。1958年の第5回ニューポート・ジャズ・フェスティバルを記録したこの傑作ドキュメンタリー映画の中でもハイライトと言えるこのシーンは、バンドとの掛け合いと探り合い、強烈なスキャットパートなどが観客のスタイリッシュな映像と一体となった歴史的パフォーマンス。とにかくもう鳥肌モンです!
YouTube

つづく

Profile
魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》主宰。世界中の魅惑サウンドを探し求め、中古レコードをメインに(ほぼ)毎日新入荷を更新中。 http://paraisorecords.com/
Our Covers #020 野田晋平

Our Covers

鈴木惣一朗
Our Covers #085

鈴木惣一朗

ミュージシャン / 音楽プロデューサー
イハラカンタロウ
Our Covers #084

イハラカンタロウ

ミュージシャン
松本章太郎
Our Covers #083

松本章太郎

ココナッツディスク江古田店店長
國友洋平
Our Covers #082

國友洋平

pianola records / conatala

EyeTube

倍賞美津子 – いつも一緒に [Mandrill and Michael Masser, Antonio Inoki & the Fighters]
EyeTube #1175

倍賞美津子 – いつも一緒に [Mandrill and Michael Masser, Antonio Inoki & the Fighters]

MFSB – K-Jee [The Nite-Liters]
EyeTube #1174

MFSB – K-Jee [The Nite-Liters]

Janet Kay – Betcha by Golly Wow [The Stylistics]
EyeTube #1173

Janet Kay – Betcha by Golly Wow [The Stylistics]

Eric Clapton – After Midnight [J.J. Cale]
EyeTube #1172

Eric Clapton – After Midnight [J.J. Cale]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT
T-Shirts

DUBCAT

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock

Zungguzungguguzungguzeng
T-Shirts

Zungguzungguguzungguzeng