ディスク・ボイジャー<br>“福は内、鬼キラーカヴァーも内!?”
feature #036

ディスク・ボイジャー
“福は内、鬼キラーカヴァーも内!?”

野田晋平(パライソレコード)
Ep.12 / 1 Feb. 2021

←Ep.11

レアグルーヴはじめクラブ的視点で踊れる曲をキラーチューンなんて言いますが、そんな発掘作業の中で出土するカヴァー曲はこのシーンの一つの醍醐味であります。「福は内、鬼は外」な2月ですが、こんな鬼キラーなカヴァーなら大歓迎ということでダンスフロアを彩った原曲越えのカヴァー特集。あ~早く爆音を浴びて踊りたい!

Title

Califolnia Soul

Artist
Marlena Shaw
Original
The Messengers – Califolnia Soul

名ソングライターチーム、アシュフォード&シンプソン作の1967年ザ・メッセンジャーへの提供曲、その後フィフス・ディメンションなどによりヒットする「Califolnia Soul」をジャズソウルシンガー、マリーナ・ショーがカヴァー。ビートメイカーはどうしても避けて通れないドスの効いたビートに重量級のヴォーカル。参りました!
YouTube

Title

Loveland

Artist
Spanky Wilson
Original
Charles Wright & the Watts 103rd Street Rhythm Band – Love Land

チャールズ・ライトによるレイドバック感覚もあるソウルクラシック「Loveland」を強烈なドラムブレイクでアレンジしたスパンキー・ウィルソン1975年のアルバム収録曲。イントロを聴くたび、かつて体験したフロアがわ~と爆発したあの光景がフラッシュバックします。他のアルバムでクリームの「Sunshine Of Your Love」もカヴァーしてますが、そっちもすんごい!
YouTube

Title

Give Me Your Love

Artist
The Sisters Love
Original
Curtis Mayfield – Give Me Your Love

レアグルーヴにおいてお宝盤名高いシスターズ・ラヴの「Give Me Your Love」はカーティス・メイフィールドによる1972年のブラックムーヴィー名作「Superfly」にも収録された名曲。至宝のファルセットヴォイスで魅せる本家に対しこちらは女性4人による重厚感あるヴォーカルでアレンジ!
YouTube

Title

Moondance

Artist
Grady Tate
Original
Van Morrison – Moondance

名ジャズドラマー、グラディ・テイト1974年のアルバムよりヴァン・モリソン「Moondance」のカヴァーを。ブルー・アイド・ソウルなヴァン・モリソンの中でもジャズ的なアプローチをみせる名曲ですが、こちらのヴァージョンはより奥行きのある立体的サウンドへ。グラディのヴォーカルがこれまた良い!
YouTube

Title

Esso Beso

Artist
Georgie Fame
Original
Paul Anka – Esso Beso

モッドを地でいく男ジョージィ・フェイム1964年リリースのライヴ盤よりポール・アンカのオールディーズヒット「Esso Beso」カヴァー。当時はこの「Esso Beso」のカヴァーを探すというのがDJ達のひとつのトレンドとしてあったかのように記憶しますが、やはりこれに勝るもんはないでしょう。まさにヒップかつグルーヴィーのお手本のようなアレンジ。のちのアーティスト達がこのヴァージョンを雛形にしてカヴァーに挑みますが、いまだ超えるものはなし!
YouTube

Title

Sparkle

Artist
Greenwood
Original
山下達郎 – Sparkle

安レコードの定番だった山下達郎がシティポップや海外での人気によりあんなに高騰するだなんて思ってもみませんでしたが、そんなブームよりはるか昔、海の向こうハワイ育ちの日系ミュージシャン、ロビン木村率いるグリーンウッドがリアルタイムで反応した「Sparkle」のカヴァー。あのギターカッティングはそのままにロコAOR〜ウエストコーストな開放感を増した素晴らしいアレンジ!
YouTube

Title

Here Today

Artist
The Robb Storme Group
Original
The Beach Boys– Here Today

山下達郎と同じくフィル・スペクターに魅せられたビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソン。「Surfin’ USA」などのヒットにより一躍有名になった彼はライブ活動から一線を引き、かつての海、車、ボーイミーツガールな世界というビーチボーイズのイメージとは違った憂の世界をスペクターのウォール・オブ・サウンドを下地に再現しようと試みます。その集大成が音楽史における最高傑作名高い1966年の「Pet Sounds」。当時はその音楽性が理解されずセールスも散々でしたが、英国のバンド、ロブ・ストーム・グループはリアルタイムで反応し「Pet Sounds」の終盤を飾る名曲「Here Today」をカヴァーしています。荒々しさはあるものの原曲のウォール・オブ・サウンドを見事再現。とにかくすんごい音圧です!
YouTube

(つづく)

Profile
魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》主宰。世界中の魅惑サウンドを探し求め、中古レコードをメインに(ほぼ)毎日新入荷を更新中。 http://paraisorecords.com/
Our Covers #020 野田晋平

Our Covers

Torei
Our Covers #057

Torei

DJ
酢豆腐
Our Covers #056

酢豆腐

月刊和レゲエ / イラストレーター
マイケルJフォクス
Our Covers #055

マイケルJフォクス

DJ
Trance Farmers
Our Covers #054

Trance Farmers

Singer

EyeTube

Freddie Hubbard – Cold Turkey [Plastic Ono Band and John Lennon]
EyeTube #599

Freddie Hubbard – Cold Turkey [Plastic Ono Band and John Lennon]

Swing Out Sister – Stoned Soul Picnic [Laura Nyro]
EyeTube #598

Swing Out Sister – Stoned Soul Picnic [Laura Nyro]

The Moog Machine – Jumpin’ Jack Flash [The Rolling Stones]
EyeTube #597

The Moog Machine – Jumpin’ Jack Flash [The Rolling Stones]

Dr. Lonnie Smith feat. Iggy Pop – Sunshine Superman [Donovan]
EyeTube #596

Dr. Lonnie Smith feat. Iggy Pop – Sunshine Superman [Donovan]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug