ディスク・ボイジャー<br>“カヴァーの宝庫クリスマスソング”
feature #031

ディスク・ボイジャー
“カヴァーの宝庫クリスマスソング”

野田晋平(パライソレコード)
Ep.10 / 15 Dec. 2020

←Ep.9

カヴァー曲を通して音楽の楽しみ方を提案するこちらのサイト「eyeshadow」に真打登場! と言えばやはりクリスマスソングでしょう。カヴァー曲の宝庫にして毎年新しいものが更新され続ける特異なジャンル。ゆえに語り尽くされた感もありますが…どっこいこのコーナー流に迫るちょっと脇道それたクリスマスをお届けします。色々ありすぎた2020年。最後の特集!

Title

ジングル・ベル

Artist
デストロイヤー
Original
Standard – Jingle Bell

「白覆面の魔王」こと伝説の覆面レスラー、デストロイヤーが歌うクリスマスアルバムより定番ソング「ジングル・ベル」のカヴァー。デキシー調のアレンジにココロウキウキっなんて思ってたら、2番からはなんとカタコト日本語の奇襲攻撃!? アウト・オブ・チューンな4の字固めでもうギブアップやっ!!
YouTube

Title

Christmas Wish

Artist
She & Him
Original
NRBQ – Christmas Wish

グッドタイムミュージックの至宝バンドNRBQが生み出した「Christmas Wish」は今もなお音楽ファンにより語り継がれるクリスマスソングの名曲ですが、そんなグッドタイムフィーリンサウンドの流れをくむ女優のズーイー・デシャネルとSSWのM・ウォードによるデュオ、She & Himは2011年のアルバム「A Very She & Him Christmas」で「Christmas Wish」をカヴァー。原曲よりもメランコリックかつドリーミンなアレンジが最高です!
YouTube

Title

Christmas Wrapping

Artist
Spice Girls
Original
Waitresses – Christmas Wrapping

スーサイド(アラン・ヴェガ)にサヴァンナ・バンドのオーガスタ・ダーネルが手がけたクリスティーナやジェイムス・ホワイトなどが参加したNO WAVE〜ミュータントディスコの総本山ニューヨーク「ZE RECORDS」からリリースの1981年名作クリスマスアルバムにも収録されたNEW WAVEバンド、ウェイトレスのヒット曲「Christmas Wrapping」を「Wannabe」で大ブレイクしたイギリスのアイドルグループ、スパイス・ガールズがカヴァーした1998年バージョン。オリジナルがかなりキャッチーなためこういったアイドルポップスにはやはりすごくはまりますね。今や大セレブのヴィクトリア・ベッカムもスパイス・ガールズではメインでないのですな。
YouTube

Title

Don’t Believe in Christmas

Artist
The Sonics
Original
Chuck Berry – Too Much Monkey Business

いつの時代でもいるアンチクリスマス派。さしずめガレージ界ではこの人たちでしょうか…チャック・ベリーの「Too Much Monkey Business」をさらに凶悪なロッキンビートに乗せて歌う「Don’t Believe in Christmas」の連呼。こういうヤツらに限ってある日突然タガが外れたようにクリスマスを全力で楽しみだすというのが世の常ではあるが。
YouTube

Title

Here Comes Santa Claus

Artist
Bob Dylan
Original
Standard – Here Comes Santa Claus

えっ! ディランがクリスマスアルバム!? と賛否両論話題となった2009年リリース34枚目のスタジオアルバムから、ど定番「Here Comes Santa Claus」を。「声ガラガラ」「調子ハズレ」など、どちらかと言うと「否」に意見が傾く問題作ですが、「時代は変わる」ならディランも変わる? 印税はすべて慈善団体に寄付されるという「変わらぬ」らしさも実は含んでたりします。
YouTube

Title

Santa Claus is Comin’ to Town

Artist
Joseph Spence
Original
Standard – Santa Claus is Comin’ to Town

「声ガラガラ」「調子ハズレ」と言えばこの人のほうが一枚も二枚も上手!? ライ・クーダーやタジ・マハールなどにも影響を与えたバハマのブルーズ怪人ジョセフ・スペンスさん。ギター奏法もヴォーカルも脱臼してるとなればやっぱりカヴァーセンスも脱臼してるっ!サンタが街までやってきたはいいが、蛇行走行で切符切られたみたいな大迷曲…
YouTube

Title

Silent Night

Artist
Kenny Rankin
Original
Standard – Silent Night

さて最後は仕切り直してキレイなクリスマスソングを。ジェントルヴォイス&ジェントルサウンドの代名詞ケニー・ランキンがクリスマスソングを歌った1999年のアルバムから「Silent Night」を。やはりと言うかさすがと言うか悪かろうはずがない珠玉のアレンジ。この1年あったいろんな苦労も浄化してくれるような聖なるカヴァーです。みなさま、来年も良いミュージックライフを!
YouTube

つづく

Profile
魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》主宰。世界中の魅惑サウンドを探し求め、中古レコードをメインに(ほぼ)毎日新入荷を更新中。 http://paraisorecords.com/
Our Covers #020 野田晋平

Our Covers

Maru
Our Covers #063

Maru

DJ / Modern Records代表
Kent Mizushima
Our Covers #062

Kent Mizushima

to’morrow music / records
寺尾ブッタ
Our Covers #061

寺尾ブッタ

BIG ROMANTIC ENTERTAINMENT代表
高嶋敬
Our Covers #060

高嶋敬

greatest hits店主

EyeTube

Freedom Fry – 1979 [The Smashing Pumpkins]
EyeTube #664

Freedom Fry – 1979 [The Smashing Pumpkins]

Lloyd Price – Little Green Apples [O.C. Smith]
EyeTube #663

Lloyd Price – Little Green Apples [O.C. Smith]

Great Good Fine Ok & Panama Wedding – Easy Lover [Philip Bailey & Phil Collins]
EyeTube #662

Great Good Fine Ok & Panama Wedding – Easy Lover [Philip Bailey & Phil Collins]

Joe Dassin – Salut Les Amoureux [Arlo Guthrie]
EyeTube #661

Joe Dassin – Salut Les Amoureux [Arlo Guthrie]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug