ディスク・ボイジャー<br>  “卒業そして新しい旅立ち”
feature #088

ディスク・ボイジャー
“卒業そして新しい旅立ち”

魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》がお贈りする、カヴァーソング桃源の世界。

野田晋平(パライソレコード)
Ep.25 / 9 Mar. 2022

←Ep.24

春は別れの季節。とともに新しい門出でもあります。というわけで今回はバンドを卒業(解散・脱退)し新天地を切り開いた人たちによるカヴァー曲特集。新年度心機一転頑張りましょう!

Title

Say You Don’t Mind

Artist
Colin Blunstone
Original
Denny Lain – Say You Don’t Mind

リリースより50年が経ち、デモ音源や未発表曲名を収録した50周年エディションのリリースも話題のゾンビーズ解散後のコリン・ブランストーンがリリースしたソロアルバムより「Say You Don’t Mind」。後にウイングスに加入しポール・マッカートニーの右腕となるデニー・レイン1967年作のカヴァー。UKポップな原曲をストリングスによる室内楽ポップへと大胆アレンジした本編のハイライトと言える名曲!
YouTube

Title

Night and Day

Artist
Ringo Starr
Original
Cole Poter – Night and Day

もう崩壊状態であったビートルズからポール・マッカートニーが脱退表明をする直前に発表したリンゴ・スターのソロアルバムよりコールポーター作「Night And Day」のカヴァー。バンド時代よりその人懐っこいヴォーカルを印象付けたリンゴが挑むジャズスタンダード。なんとも言えぬ味わい深さ!
YouTube

Title

マンズ・マンズ・ワールド

Artist
堺正章
Original
James Brown – It’s a Man’s Man’s Man’s World

スパイダース解散後の1971年にリリースされた〈マチャアキ〉こと堺正章のファーストソロアルバムはスパイダース時代の再演や洋楽のカヴァーを収録した内容で、マチャアキのキャッチーなキャラクターを盛り立てる楽しい内容。そんななかどす〜んとくるのがジェイムス・ブラウン「マンズ・マンズ・ワールド」。かなり本気な仕上がりにびっくり!
パライソレコード

Title

Why Can’t We Be Lovers

Artist
Coke Escovedo
Original
Holland-Dozier feat. Lamont Dozier – Why Can’t We Be Lovers

チカーノロックの殿堂、マロやアズテカに在籍したコーク・エスコヴェードがその解散後にリリースした1975年のファーストソロアルバムよりモータウンのヒットメイカーとしても活躍したブライアン・ホーランドとラモント・ドジャーによる1972年作のカヴァー。あの灼熱サウンドから一転クール&メロウにキメた悶絶スウィートソウル!
YouTube

Title

Freedom for the Stallion

Artist
Boz Scaggs
Original
Lee Dorsey – Freedom for the Stallion

スティーヴ・ミラーバンドなどでの活動を経て、ソロ活動へと専念したボズ・スキャッグスは1976年の『Silk Degrees』に収録の「We’re All Alone」の大ヒットによりアダルトコンテンポラリー / AORを代表するアーティストとしての地位を獲得します。この「Freedom for the Stallion」はそんなボズがブレイクする以前のルーツミュージックへ傾倒していた時代の作品『My Time』(1972)からの1曲。オリジナルはニューオリンズの巨人アラン・トゥーサン作で、歌うのはこちらも巨匠リー・ドロシー。ボズのヴォーカルの懐深さを見せつける名曲です。
YouTube

Title

I Love Rock ‘n’ Roll

Artist
Joan Jett
Original
The Arrows – I Love Rock ‘N’ Roll

ガールズバンド、ランナウェイズ解散後、ザ・ブラックハーツを率い「I Love Rock ‘n’ Roll」をヒットさせロック殿堂入りまで果たすアーティストへとなるジョーン・ジェット。「I Love Rock ‘n’ Roll」はアロウズ1975年作のカヴァー曲ですが、皆さんがよく聞くジョーン・ジェットのヴァージョンは再演。ファーストレコーディングはランナウェイズ解散の同年の1979年にセックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズとポール・クックと録音したもの。よりパンク的な方向へ進み始める彼女の荒削りな名曲!
YouTube

Title

Blank Generation

Artist
Richard Hell & the Voidoids
Original
Bob Mcfadden – Beat Generation

トム・ヴァーレインのテレヴィジョン、ジョニー・サンダースのハートブレイカーズなどを経て本人主導によるバンド、ヴォイドイズを立ち上げたリチャード・ヘルの代表曲にしてのちのパンクシーンに多大なる影響を与えたクラシック「Blank Generation」はもちろんヘル作ですが、実は米国の歌手、俳優として60年代に活躍したボブ・マクファデンの「Beat Generation」が元ネタ!? ジャズポップなポップコーンチューンが凶悪サウンドへと鞍替え。原曲のリンクも貼ってますので、聞きくらべ(利き比べ)ください!
「Blank Generation」(YouTube)
「Beat Generation」(YouTube)

Title

Redemption Song

Artist
Joe Strummer & the Mescaleros
Original
Bob Marley – Redemption Song

クラッシュの解散を経て不遇の歳月を経たジョー・ストラマーが再出発を遂げたザ・メスカレロスのサードアルバムから、ジョーを代表するカヴァーヴァージョンとなったボブ・マーリー「Redemption Song」。酸いも甘いも嚙み分けた漢の涙なしでは聞けない1曲!
YouTube

つづく

Profile
魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》主宰。世界中の魅惑サウンドを探し求め、中古レコードをメインに(ほぼ)毎日新入荷を更新中。 http://paraisorecords.com/
Our Covers #020 野田晋平

Our Covers

鈴木惣一朗
Our Covers #085

鈴木惣一朗

ミュージシャン / 音楽プロデューサー
イハラカンタロウ
Our Covers #084

イハラカンタロウ

ミュージシャン
松本章太郎
Our Covers #083

松本章太郎

ココナッツディスク江古田店店長
國友洋平
Our Covers #082

國友洋平

pianola records / conatala

EyeTube

倍賞美津子 – いつも一緒に [Mandrill and Michael Masser, Antonio Inoki & the Fighters]
EyeTube #1175

倍賞美津子 – いつも一緒に [Mandrill and Michael Masser, Antonio Inoki & the Fighters]

MFSB – K-Jee [The Nite-Liters]
EyeTube #1174

MFSB – K-Jee [The Nite-Liters]

Janet Kay – Betcha by Golly Wow [The Stylistics]
EyeTube #1173

Janet Kay – Betcha by Golly Wow [The Stylistics]

Eric Clapton – After Midnight [J.J. Cale]
EyeTube #1172

Eric Clapton – After Midnight [J.J. Cale]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT
T-Shirts

DUBCAT

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock

Zungguzungguguzungguzeng
T-Shirts

Zungguzungguguzungguzeng