ディスク・ボイジャー<br>“笑う門には福来たる”
feature #034

ディスク・ボイジャー
“笑う門には福来たる”

野田晋平(パライソレコード)
Ep.11 / 15 Jan. 2021

←Ep.10

「笑う角には福来る」。しょっぱい2020年に別れを告げて、今年はウシシといきたいところですが、まだまだ予断を許さないといった2021年の幕開けです。年末には笑って越せますようにという願いも込めて本年最初のディスク・ボイジャーはお笑い芸人によるカヴァー曲特集。

Title

カンニングのヘイ・ユウ・ブルース

Artist
カンニング
Original
左とん平 – ヘイ・ユー・ブルース

近年はメディアでキレようものなら、炎上なり叩かれたれたりする世で、キレ芸なるものがマイルド化あるいは消滅化しそうな様相ですが、そうなれば最期のキレ芸として爪痕を残したのはカンニング竹山ということになるのでしょうか。中島氏存命時代の2004年にリリースされた和レアグルーヴの最高峰、左とん平「ヘイ・ユー・ブルース」のカヴァー。バンバンバザールによるあまりにもクールなジャジートラックの上でとにかく終始キレてます笑
YouTube

Title

カモナ・ペーパー

Artist
のりおよしお
Original
Ben E. King – Stand By Me

キレ芸といえばこの人も!? 漫才ブームの中でも破壊的なキャラで一世を風靡したのりおよしお1981年のシングル。B面「カモナ・ペーパー」ではベンE.キング「Stand By Me」をレゲエアレンジし、お腹ピーピーな歌詞へと思いっきり改悪したパロディソング。ひょっとして「ベン E」と「便意」かけてる?? ジェイムスブラウンばりのシャウトで歌うのはなんと上方よしおの方!

Title

ゴーストブスターズ

Artist
片岡鶴太郎
Original
Ray Parker Jr. – Ghost Busters

のりおよしおと同じく『オレたちひょうきん族』でその人気を不動のものした元祖プッツン芸人片岡鶴太郎1984年のシングル。ご察しの通りレイパーカーJr.の歌う大ヒット映画『ゴーストバスターズ』の主題歌カヴァー。これぞ今なら炎上必至といったひどすぎる歌詞ですが、作詞は秋元康大先生。SNSのない世でよかったですね…

Title

ケンタイキ

Artist
M.C.コミヤ(小宮孝泰)
Original
M.C. Hammer – Can’t Touch This

1990年初頭世界中に吹き荒れたM.C.ハマー旋風。「そういやお前似てない?」ってことで始めたかどうかはわかりませんが、コント赤信号の小宮孝泰が突然M.C.コミヤを名乗りリリースした1991年のミニアルバムより「Can’t Touch This」のカヴァー。「Can’t Touch This」と「倦怠期です」で海をまたいで韻を踏んだある種画期的なラップ!? プロデュースはヒカシューの三田超人。その後本家M.C.ハマーがハマーに改名したことでM.C.コミヤもただのコミヤに戻ってしまった…
YouTube

Title

ギザギザハートの子守唄

Artist
松居直美
Original
チェッカーズ – ギザギザハートの子守唄

ものまねタレントそして欽ちゃんファミリーと元祖バラドル的な存在で現在も活動する松居直美1984年のシングル曲。チェッカーズのデビュー曲でありながらヒットしなかったものを彼女が良い曲なのにもったいないとカヴァーしたそうですが、それもヒットせず。結局2枚目のシングル「涙のリクエスト」の大ヒットにより相乗効果で本隊の方はめでたくヒットしたそうです。松居版はニューウェイヴ調にもろ歌謡曲的歌唱というアンバランスが良いですね!
YouTube

Title

ドリフの早口言葉

Artist
ザ・ドリフターズ
Original
Wilson Pickett – Don’t Knock My Door

コロナが奪ったお笑いレジェンド志村けん。新たなお笑いを次々を生み出した革命児にして、お茶の間にソウルミュージックを持ち込んだ偉大なるミュージックセレクターでもありました。テディペンタグラス「Do Me」を使った「ヒゲダンスのテーマ」も有名ですが、ムシ声アレンジした「ドリフの早口言葉」はウィルソンピケット「Don’t Knock My Door」を拝借。動画リンクは元ネタの方を貼っています!
YouTube

Title

Rap Miyo-Chan (Original Mix)

Artist
加藤茶
Original
ザ・ドリフターズ – みよちゃん

加藤茶が世界の一発屋として知られるスキャット・マン・ジョンに便乗しパロッた1996年のミニアルバムより「みよちゃん」のセルフカヴァー。その実態はカヴァーというかリメイクですが…トラックはEast End×Yuriの「Da.Yo.Ne」のパロディです。さすが加トちゃんドラマーだけあってリズム感バッチリのラップ。エンディングではノーティー・バイ・ネイチャー「Hip Hop Hooray」のフレイズが飛び出します!?

Title

タモリのワークソング

Artist
タモリ
Original
Nat Adderley – Work Song

最後はお笑いビッグスリー、タモさん1981年のシングルより、ナットアダレーによるジャズスタンダード「Work Song」のカヴァーを。ハナモゲラ語ならぬ空耳な日本語単語の羅列で英語詞のように聞かせるタモさん的な洒落が効いたヴォーカルソング。B面の「久美ちゃん My Love」もスタン・ゲッツのカヴァー!
SoundCloud

つづく

Profile
魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》主宰。世界中の魅惑サウンドを探し求め、中古レコードをメインに(ほぼ)毎日新入荷を更新中。 http://paraisorecords.com/
Our Covers #020 野田晋平

Our Covers

Kent Mizushima
Our Covers #062

Kent Mizushima

to’morrow music / records
寺尾ブッタ
Our Covers #061

寺尾ブッタ

BIG ROMANTIC ENTERTAINMENT代表
高嶋敬
Our Covers #060

高嶋敬

greatest hits店主
KEN KEN
Our Covers #059

KEN KEN

KEN2D SPECIAL / URBAN VOLCANO SOUNDS

EyeTube

Kiefer – Everybody Loves the Sunshine [Roy Ayers]
EyeTube #645

Kiefer – Everybody Loves the Sunshine [Roy Ayers]

Jenn Grant – Eye of the Tiger (2020 Version) [Survivor]
EyeTube #644

Jenn Grant – Eye of the Tiger (2020 Version) [Survivor]

The Bacao Rhythm & Steel Band – Love Like This [Faith Evans]
EyeTube #643

The Bacao Rhythm & Steel Band – Love Like This [Faith Evans]

The Bird and the Bee – Private Eyes [Daryl Hall & John Oates]
EyeTube #642

The Bird and the Bee – Private Eyes [Daryl Hall & John Oates]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug