ディスク・ボイジャー<br>“えっ! この曲カヴァーだったんですか? ”
feature #024

ディスク・ボイジャー
“えっ! この曲カヴァーだったんですか? ”

野田晋平(パライソレコード)
Ep.7 / 03 Sept. 2020

←Ep.6

「原曲越えなカヴァー」が裏テーマ(のような気がする)の本サイトですが、原曲越えしすぎてカヴァー曲の方が有名になってしまっているというパターンもたくさんあります。そんなわけで今回は「えっ! この曲カヴァーだったんですか?」という特集(個人的主観含む)。きっとこの後もオリジナル曲だと思って一丁前に語っちゃったりしたけど、実はカヴァーだったなんて恥ずかしい思いをするのでしょう。きっと…
※今回のYoutube視聴リンクはカヴァー曲とオリジナル曲の両方を貼ってます

Title

Got My Mind Set on You

Artist
George Harrison
Original
James Ray – I’ve Got My Mind Set on You

説明不要ジョージ・ハリソン1987年のアルバム『Cloud Nine』からカットされ世界的ヒット「ジョージ復活」と称されたこの曲も実はカヴァー。オリジナルは23歳という若さでこの世を去ったワシントン出身の黒人シンガー、ジェイムス・レイ1962年のシングル。オーケストラアレンジされたヒップなR&Bチューン。初期ビートルズはR&Bカヴァーてんこ盛りなんで、ある意味原点回帰とも言えるかもしれませんね。
YouTube(カヴァー曲)
YouTube(オリジナル曲)

Title

I Love Rock ‘n’ Roll

Artist
Joan Jett & the Blackhearts
Original
The Arrows – I Love Rock ‘n’ Roll

ロックンロールアンセムとしてジョーン・ジェットの名を世間に轟かせた「I Love Rock ‘n’ Roll」のオリジナルは、先日無念にもコロナウイルス感染によりこの世を去ったアラン・メリル率いるアロウズ1975年のシングル。ランナウェイズとツアーを回っていた英国のテレビ番組でジョーンがこの曲を観て、カヴァーするに至ったそうですが、みなさんご存知なのはザ・ブラックハーツとによる再レコーディング版。初録音はセックスピストルズのスティーヴ・ジョーンズとポール・クックと一緒に録ったものだったんですね~ ある意味カヴァーのカヴァー!?
YouTube(カヴァー曲)
YouTube(オリジナル曲)

Title

Tainted Love

Artist
Soft Cell
Original
Gloria Jones – Tainted Love

エレポップならぬエロポップ!? ニューウェイヴ期のエレクトロニックサウンドにエロティックとキャバレー感覚を持ち込み究極のオリジナリティを獲得したマーク・アーモンド率いるソフト・セルの大ヒット曲は女性R&Bシンガーグロリア・ジョーンズ1964年作。オリジナルは全くヒットしなかったみたいですが、よく聴けばこのビートはしっかりR&Bマナーですね。後のソロなんかでもいろいろカヴァーする音楽マニア、マーク・アーモンドの嗜好性がよく出たグッドリサイクル!
YouTube(カヴァー曲)
YouTube(オリジナル曲)

Title

Walk Don’t Run

Artist
The Ventures
Original
Johnny Smith – Walk Don’t Run

ここ日本にもエレキブームを持ち込み、歌謡曲にまで影響を与えたサーフロックの雄ベンチャーズ。彼らの代表曲といえば「10番街の殺人」や「ウォーク・ドント・ラン」などがありますが、「Walk Don’t Run」はジャズギタリスト、ジョニー・スミスがオリジナル。あの陽気なテケテケサウンドとは真逆のクールでナイーヴな質感にはちょっと面食らいますが、逆にベンチャーズのアレンジセンスの凄さが伝わります。ちなみに「10番街の殺人」もブロードウェイミュージカル「オン・ユア・トウズ」の劇中曲がオリジナル。まあアレンジの凄さで言えばこっちの方が凄いんですが。
YouTube(カヴァー曲)
YouTube(オリジナル曲)

Title

Revolution Rock

Artist
The Clash
Original
Danny Ray – Revolution Rock

セックスピストルズと並ぶUKパンクのレジェンドとしてのちの音楽の新たな流れをこじ開けたクラッシュ。彼らの代表曲のひとつである「I Fought the Law」はバディ・ホリー死後のクリケッツがオリジナル。ボビー・フラー・フォーのカバーにより有名になったR&Rナンバーが元ですが、パンク経典として語り継がれるサード「London Calling」の終盤を飾るこの曲もレゲエシンガー、ダニー・レイがオリジナル。クラッシュのパンキーレゲエなアレンジとは違いだいぶレイドバックしてますが、これはこれでハマるヴァージョン。クラッシュはその音楽性の雑食性を物語るかのごとく、いろんなジャンルの曲のカヴァーを録音しています。
YouTube(カヴァー曲)
YouTube(オリジナル曲)

Title

Seven Days Too Long

Artist
Dexys Midnight Runners
Original
Chuck Wood – Seven Days Too Long

「カモン・アイリーン」のヒットで知られるケヴィン・ローランド率いるソウル~ネオモッズ系バンド、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ1980年のファーストに収録されクラブシーンでも再評価されたこの曲はノーザンソウルクラシック、チャック・ウッド1967年作がオリジナル。原曲越えが裏テーマながらコレはどうしても越えられないファンキーチューン。ブっといビートがたまりまへん!
YouTube(カヴァー曲)
YouTube(オリジナル曲)

Title

I Believe in Miracles

Artist
Jackson Sisters
Original
Mark Capanni – I Believe in Miracles

クラブシーンといえばこの曲も。レアグルーヴ〜フリーソウルムーヴメントにおける究極のクラシックとして誰もが踊り狂ったジャクソン・シスターズ「I Believe in Miracles」になんとオリジナルが存在した!? とあるノーザンコレクターによりイタロ系SSWマーク・カパーニによるこの曲が発見されたのはある意味音楽事件簿のひとつでした。もちろんオリジナル7インチはレア盤となりましたが、2010年名門「JAZZMAN」がめでたく再発。ソウルではありませんが、このメランコリックなグルーヴ、クセになりますね。
YouTube(カヴァー曲)
YouTube(オリジナル曲)

Title

Wild Thing

Artist
X
Original
The Troggs – Wild Thing

チャーリー・シーン主演のベースボールムービー「メジャーリーグ」の主題歌として世界的にヒットした…というより我らオジさん世代にはどうしても大仁田厚の入場曲としての印象が強すぎるLAのバンドXのヒット曲「Wild Thing」は英国のガレージバンド、トロッグス1966年のシングルがオリジナル。あのスタジアムロック的な壮大さとは違う荒削りなサウンドでジミヘンもライブなどでカヴァーした名曲。余談ですが、XがX JAPANに改名したのはアメリカ進出の際、すでに本国にXがいたから。
YouTube(カヴァー曲)
YouTube(オリジナル曲)

Title

She

Artist
Elvis Costello
Original
Charles Aznavour – She

映画「ノッティングヒルの恋人」の劇中歌として大ヒットした「She」は今やエルヴィス・コステロの代表曲として多くの人に知られることとなりましたが、そのオリジナルはフランスのシャンソン歌手の巨匠シャルル・アズナブールによるもの、コステロ版はかなりオリジナルに忠実ですが、やはりこの曲は叙情的に歌うのが正解ですね。
YouTube(カヴァー曲)
YouTube(オリジナル曲)

(つづく)

Profile
魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》主宰。世界中の魅惑サウンドを探し求め、中古レコードをメインに(ほぼ)毎日新入荷を更新中。 http://paraisorecords.com/
Our Covers #020 野田晋平

Our Covers

ミノワゲンタ
Our Covers #045

ミノワゲンタ

GLOCAL RECORDS
馬場正道
Our Covers #044

馬場正道

渉猟家
ワダマコト
Our Covers #043

ワダマコト

ギタリスト / シンガー
DJサモハンキンポー
Our Covers #042

DJサモハンキンポー

ミュージシャン / DJ / 編集者

EyeTube

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]
EyeTube #431

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]

4-Corners – Suavecito [Malo]
EyeTube #430

4-Corners – Suavecito [Malo]

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]
EyeTube #429

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]
EyeTube #428

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug