ディスク・ボイジャー<br>“90年代っていいな”
feature #117

ディスク・ボイジャー
“90年代っていいな”

魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》がお贈りする、カヴァーソング桃源の世界。

野田晋平(パライソレコード)
Ep.33 / 22 Nov. 2022

←Ep.32

10年前は見向きもされなかった90’sサウンドがまた盛り上がっている?? というわけで今回は90年代(主に前半)に生まれたカヴァーソングが集合(オルタナ多め)。個人的には青春のサウンドです。

Title

Love Buzz

Artist
Nirvana
Original
Shocking Blue – Love Buzz

「Smells Like Teen Spirits」の世界的ヒットにより90’sグランジ〜オルタナシーンの伝説となったカート・コバーン率いるニルヴァーナのデビュー曲となる1988年のシングルは「ヴィーナス」で有名なオランダのバンド、ショッキング・ブルー1969年作のカヴァー。のちに数々のカヴァー曲を録音する彼らを象徴するような1曲。エキゾなベースフレーズが印象的!

Title

Search and Destroy

Artist
Red Hot Chili Peppers
Original
Iggy & the Stooges – Search and Destroy

「Under The Bridge」などのヒットで一躍スターダムに、今もなお世界を代表するバンドとして活動するレッド・ホット・チリ・ペッパーズによる1991年イギー・ポップ率いるストゥージーズのガレージクラシックのカヴァー。前のめりなこのアグレッシヴさ。初期レッチリのイメージにドンピシャな真っ向勝負の1曲です。

Title

Sexual Healing

Artist
Soul Asylum
Original
Marvin Gaye – Sexual Healing

名曲「Runaway Train」でグラミーも獲得したソウル・アサイラムがオルタナ時代の名コンピ『No Alternative』で披露したマーヴィン・ゲイ「Sexual Healing」のカヴァー。この枯れたヴォーカルを聴くだけで哀愁漂いますな。このアルバム。シークレットトラックにニルヴァーナが収録されていることでも有名!?

Title

People Everyday

Artist
Arrested Development
Original
Sly & The Family Stone – Everyday People

ギャングスタ系ヒップホップが猛威を奮うなか、ポジティヴかつバック・トゥ・ジ・アースなメッセージでポップスシーンに躍り出たアレステッド・デベロップメントのシングル曲にもなった1992年作はスライ&ザ・ファミリー・ストーン「Everyday People」のフレーズを使用。厳密に言えばオマージュ曲となるかもですが、この曲がなかったら存在しなかったということで、カヴァー曲ということで!?

Title

Aguas De Março

Artist
Cibo Matt
Original
Antonio Carlos Jobim – Aguas De Março

ニューヨークを拠点に活動した本田ゆかと羽鳥美保のユニット、チボ・マットによるジョビン作のボサノヴァ曲「Aguas De Março(3月の雨)」のカヴァー。90年代に訪れるブラジル音楽再評価に先駆けるように、彼女たちの主戦場であるエクスペリメンタルポップではなくシンプルなアコースティックサウンドでカヴァーした隠れた名曲。ファースト『Viva! La Woman』日本盤のボーナストラックに収録。

Title

Wonderwall

Artist
Quasar (Beastie Boys)
Original
Oasis – Wonderwall

ビースティ・ボーイズが全編ハードコアで録音した1995年のミニアルバム『Aglio E Olio』を提げ「Quasar」の名で来日した際に披露したオアシス「Wonderwall」のカヴァー。ブリットポップが猛威を振るっている最中のちょっとおちょくったような脱力アレンジが痛快。アルバムには未収!

Title

Superstar

Artist
Sonic Youth
Original
The Carpenters – Superstar

のちのトリビュートアルバムブームの一端を担ったかもしれない1994年のカーペンターズトリビュートアルバム『If I Were a Carpenter』はオルタナ勢も数多く参加。レッド・クロスや少年ナイフなどがヒットを飛ばしましたが、オルタナ真打ちソニック・ユースによる「Superstar」のカヴァーはカーペンターズには珍しい暗めの曲をさらにダークかつダウナーにアレンジした名曲中の名曲。ひたすら小さく鳴り響くギターノイズがたまりません!

Title

Oh Bondage Up Yours!

Artist
Free Kitten
Original
X-Ray Spex – Oh Bondage Up Yours!

ソニック・ユースのキム・ゴードン、プッシー・ガロアのジュリィ・カフリッツのツインギターヴォーカルからなるフリー・キトゥン(のちにボアダムスのヨシミ、ペイヴメントのマークなども参加)によるパンククラシック「Oh Bondage Up Yours!」のカヴァー。キム至宝のヘタウマヴォーカルが軽く本家越え。このゴッド感さすがです!

(つづく)

Profile
魅惑のオンラインショップ《パライソレコード》主宰。世界中の魅惑サウンドを探し求め、中古レコードをメインに(ほぼ)毎日新入荷を更新中。 http://paraisorecords.com/
Our Covers #020 野田晋平

Our Covers

カマタヒロシ
Our Covers #099

カマタヒロシ

DJ / BONUS BEATS CHANNEL
Yo. Shinoyama
Our Covers #098

Yo. Shinoyama

Searchin' music store
内田大樹
Our Covers #097

内田大樹

rotary店主
Iñigo Pastor
Our Covers #096

Iñigo Pastor

Munster Records

EyeTube

Don McLean – Sunshine Life for Me (Sail Away Raymond) [Ringo Starr]
EyeTube #1802

Don McLean – Sunshine Life for Me (Sail Away Raymond) [Ringo Starr]

The Velvet Underground – She’s My Best Friend [Lou Reed]
EyeTube #1801

The Velvet Underground – She’s My Best Friend [Lou Reed]

Tété – Eleanor Rigby [The Beatles]
EyeTube #1800

Tété – Eleanor Rigby [The Beatles]

Donna Summer – Could It Be Magic [Barry Manilow]
EyeTube #1799

Donna Summer – Could It Be Magic [Barry Manilow]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug