Masterstroke of Reggae<br>“一度もカヴァーされてない<br>ボブ・マーリーの曲は<br>果たして存在するのか?”
feature #137

Masterstroke of Reggae
“一度もカヴァーされてない
ボブ・マーリーの曲は
果たして存在するのか?”

武田洋 (eyeshadow)
Ep.2 / 16 May. 2023

←Ep.1

レゲエ界随一の人気と知名度を誇るボブ・マーリー。多くのミュージシャンからも愛され、様々なジャンルから多数のカヴァー曲が生まれています。

エリック・クラプトン「I Shot the Sheriff」を筆頭に、フージーズ「No Woman, No Cry」、シネイド・オコナー「War」も話題になりました。

では反対に、いまに至るまでカヴァーされていないボブ・マーリーの曲というのは存在するのだろうか? という疑問がわいてきます。そこで《Island》レーベルから世界へ向けてリリースされたスタジオアルバム全収録88曲を緊急調査。リサーチに使ったのはDiscogs、SecondHandSongsとWhoSampledをメインに、そこで見つからなかった曲はgoogle検索で追っていきました。果たしてその結果は…

計7曲がカヴァー曲なし。

『Burnin’』(1973) に収録の「Hallelujah Time」「Pass It On」「One Foundation」の3曲、そしてシングルや未発表曲などを収録した『Confrontation』(1983) に入っている「Mix Up, Mix Up」「Give Thanks And Praise」「I Know」「Rastaman Live Up」の4曲でした。

マーリーの死後から2年経ってリリースされた『Confrontation』はともかく、『Burnin’』はメジャー2作め。『Catch a Fire』の衝撃の世界デビューからまだ半年しか経っておらず、レゲエの知名度もまだそこまで浸透していなかったとはいえ、ここにはクラプトンがカヴァーした例の「I Shot the Sheriff」が入っているし、代表曲ともいえる「Get Up, Stand Up」もあり、決して地味なアルバムというものでもありません。それなのに3曲も未カヴァー。

2, 7, 9曲めが未カヴァー
4, 5, 9, 10曲めが未カヴァー

ではこの世にまったくこれらのカヴァー曲が存在しないのかといえば否。商業的なリリースはなくともYouTubeには存在していました。

そんな貴重なカヴァーはこちら。

Aston Barrett Jr. – Hallelujah TIme(アストン・バレットの息子!?)
Lee Grane – Pass It On(フィリピンのSSW)
Dr. Buckton iPresume – One Foundation(軽快!)
Tagant – Mix Up Mix Up(モロッコの英語の先生と仲間たち)
Julian Marley & The Uprising – Give Thanks & Praises(残念ながら未リリース)
Feras – I Know(レゲエミュージックに情熱を注ぐモロッコのシンガー)
Hasan Hatrash – Rastaman Live Up(サウジアラビアのミュージシャン兼映画監督)

以上、今回の調査によって「ボブ・マーリーの《Island》レーベル時代のスタジオアルバム全曲の中で、世の中に存在しないカヴァー曲はない=全曲カヴァーされている」ことが判明しました。

ちなみにカヴァーされた回数が多いベスト5は、「No Woman, No Cry」81回、「 I Shot the Sheriff」56回、「Redemption Song」53回、「Is This Love」42回、「Three Little Birds」34回という結果でした(WhoSampled調べ)。どれもレゲエ好きなら口ずさめる名曲ばかりですね。

カヴァーしているのはバニー・ウェイラーが断トツでトップ。これは95年リリースの2枚組CD『Hall Of Fame – A Tribute To Bob Marley’s 50th Anniversary』という追悼盤(52曲)の存在が大きくて、その他ではジルベルト・ジル、モンティ・アレキサンダー、ジギー・マーリー、デニス・ブラウン、ジョニー・ナッシュなどが続きます。

というわけで、気骨のあるロック系の白人シンガーからのカヴァーがなんとなく多いだろうと思っていたら、実のところ仲間内であるレゲエアーティストやレゲエに距離の近い人たちばかりだったのは予想外でした。また、YouTubeではモロッコやサウジアラビアなど、レゲエが浸透していないイメージのある国のシンガーが歌っているものが多く、世界中でマーリーのメッセージはまだまだ健在であることがわかったような気がします。なにはともあれ全曲のカヴァーが見つかって良かった!

Our Covers

Iñigo Pastor
Our Covers #096

Iñigo Pastor

Munster Records
奥山一浩
Our Covers #095

奥山一浩

PICKUP + oncafe 店主
TOMOE INOUE
Our Covers #094

TOMOE INOUE

宅録純音楽家 / ラジオ浄土寺便
Amemiya KSK
Our Covers #093

Amemiya KSK

discos PAPKIN

EyeTube

Barry White – Just the Way You Are [Billy Joel]
EyeTube #1741

Barry White – Just the Way You Are [Billy Joel]

Terrace Martin – Ignorance Is Bliss [Kendrick Lamar]
EyeTube #1740

Terrace Martin – Ignorance Is Bliss [Kendrick Lamar]

Workshy – I Saw the Light [Todd Rundgren]
EyeTube #1739

Workshy – I Saw the Light [Todd Rundgren]

The Temperance Seven – You’re Driving Me Crazy [Guy Lombardo and His Royal Canadians]
EyeTube #1738

The Temperance Seven – You’re Driving Me Crazy [Guy Lombardo and His Royal Canadians]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT
T-Shirts

DUBCAT

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock

Zungguzungguguzungguzeng
T-Shirts

Zungguzungguguzungguzeng