Alone Again (Naturally)
feature #065

Alone Again (Naturally)

冷めても熱いカヴァーの名品について。

武田洋 (eyeshadow)
Ep.3 / 15 Oct. 2021

←Ep.2

The British with Trevor Lang『Rockpourri』(Jayvee Records) LP

1976年リリースの謎が多いカヴァーアルバム。

聴きどころはギルバート・オサリバン「Alone Again (Naturally)」で、数多ある同曲カヴァーの中でもこれが一際存在感を放っているのは、なんといってもバンジョーの音色です。

カントリーやブルーグラスでおなじみの楽器がポップミュージックで使われるとちょっとした違和感やコメディのような雰囲気を感じてしまいますが、それがひっくり返って粋に聴こえるのはアレンジが良いからでしょう。後半、オルガンが旋律を奏でているところに再びバンジョーが戻ってきてメロディを奪い取っていくところも最高です。

他にもスティーヴィー・ワンダーやサイモン&ガーファンクルの楽曲もあって、これらもまた一筋縄ではいかない、センスのあるアレンジを施した曲ばかりです。

そんな「Alone Again」「You Are the Sunshine of My Life」「The Sounds of Silence」など、わかりやすいカヴァー曲が入っている反面、このアルバムについては実にわからないことばかり。

リリースはカリフォルニアの《Jayvee Records》なるレーベルで、Discogsをチェックしてみると、発売したのはこれ1枚のみの模様です。

アーティスト名のThe British with Trevor Langについても調べてみましたが、なにも出てきません。詳細はまったくもって不明です。

全17曲のうち10曲が作曲・編曲家、ハワード・ルクラフトのカヴァーらしいのですが、ハワード・ルクラフトという人物は50年代のジャズ界に実在したものの、ここに収録されている10曲が本当に彼の作曲のものかどうかは確認できませんでした。なんとなく聴いたことがあるような曲ばかりなのですが、どうもぼんやりしています。

1916年にロンドンで生まれ、2011年にカリフォルニアで死去したハワード・ルクラフトのカヴァーを多数収録した、The Britishというアーティストがカリフォルニアのレーベルに残した作品集。

ロンドン(英国)繋がり、カリフォルニア繋がり…この辺に謎を解く手がかりが隠されているのかもしれません。

Our Covers

木暮晋也
Our Covers #071

木暮晋也

ヒックスヴィル / ギタリスト / ソングライター
heavenless 2100
Our Covers #070

heavenless 2100

妄想カセット製作 / Vinyl偏愛家
ind_fris
Our Covers #069

ind_fris

音楽制作 / scaffolder recordings
はせはじむ
Our Covers #068

はせはじむ

DJ / プロデューサー / 愛犬家

EyeTube

Traffic – Shouldn’t Have Took More Than You Gave [Dave Mason]
EyeTube #824

Traffic – Shouldn’t Have Took More Than You Gave [Dave Mason]

The Breeders – Chances Are [Bob Marley & the Wailers]
EyeTube #823

The Breeders – Chances Are [Bob Marley & the Wailers]

Rotary Connection  – Ruby Tuesday [The Rolling Stones]
EyeTube #822

Rotary Connection – Ruby Tuesday [The Rolling Stones]

Sedov feat. Lisa – Lucky [SUPERCAR]
EyeTube #821

Sedov feat. Lisa – Lucky [SUPERCAR]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT
T-Shirts

DUBCAT

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock