木暮晋也
Our Covers #071

木暮晋也

ヒックスヴィル / ギタリスト / ソングライター

いろんな方々の選曲が愉しいのですがいざ自分で選び始めると予想外に時間経過が早い。でもそれがいい時間となりまして…感謝しています。今回は80年代もの多めで選んでみました。

(I Can't Get No) Satisfaction
Title

(I Can't Get No) Satisfaction

Artist
Devo
Original
The Rolling Stones - (I Can't Get No) Satisfaction
無機的かつロックンロールなDevoによるやりたい放題、リフィニッシュしちゃったストーンズの痛快カバー。Devoは地球上で一番かっこいい、バンドマン全員が目指すべきスーパーグループです 笑。
YouTube
Pillow Talk
Title

Pillow Talk

Artist
Taj Mahal
Original
Sylvia - Pillow Talk
スチールドラムでスローダンシンな魅惑のシルヴィアのカバー。甘くてとろけそうな原曲に対してブルーズなタジ・マハールの歌とちょいディスコなトラックが極上トロピカル。DJするとき必ず持参する1枚です。
YouTube
Secret Heart
Title

Secret Heart

Artist
Feist
Original
Ron Sexsmith - Secret Heart
ロン・セクスミスのカバー。Feist『Let It Die』に収録されてますがここではライブテイクをプッシュ。赤いギルドのセミアコをかき鳴らすFeist姐さん超絶かっこいい。iPod CMで使われた曲「1234」でのエレガントなイメージがひっくり返るほど。
YouTube
Money (That's What I Want)
Title

Money (That's What I Want)

Artist
The Flying Lizards
Original
Barrett Strong - Money (That's What I Want)
バレット・ストロングのカバー。レコーディング製作費がなんと5000円だったとかなんとか? な伝説の珍オルタナティブヒッツ。昨今のYouTube時代に放たれたとしても間違いなくバズっただろう。前衛半歩手前のカバー作だが実験ポップとして君臨するエポックな1曲。
YouTube
Digging Your Scene
Title

Digging Your Scene

Artist
Ivy
Original
The Blow Monkeys - Digging Your Scene
3人組IVYによるブロウ・モンキーズのカバー。ドミニク嬢のメロウな歌の良さで本家よりプレイ率上かも? ザ・キュアー「Let's Go To Bed」から始まる、全編選曲からアレンジまでハイセンスなIVYのカバーアルバム『Guestroom』に収録。メンバーのアダム(ファウンテインズ・オブ・ウェイン)が2020年に死去したことが誠に残念。
YouTube
I Scare Myself
Title

I Scare Myself

Artist
Thomas Dolby
Original
Dan Hicks & His Hot Licks - I Scare Myself
Prefab Sproutなどのプロデューサーとしても知られるトーマス・ドルビーの「The Flat Earth」に収録のDan Hicks And His Hot Licksのカバー。原曲のジプシー調に対してこちらはピアノでジャズ風味。しかしローランドTR-808がリズムに使われてたりする所にしっかり彼特有の旨味あり。邦題「私がこわい」。
YouTube
Don't Let Me Be Lonely Tonight
Title

Don't Let Me Be Lonely Tonight

Artist
Sharon Forrester
Original
James Taylor - Don't Let Me Be Lonely Tonight
ジェイムス・テイラー作のラヴァーズカバー。スイートボーカルが格別ですが、何もかも全て素晴らしい。ひたすら聞いていたい、揺れていたい作品。出来るだけいい音響設備で聞くのがオススメ。かつてジョン・ライドン(PIL)もメタルボックス発売時言った「いいステレオで聴いてくれ」って。
YouTube
Telegram Sam
Title

Telegram Sam

Artist
Bauhaus
Original
T. Rex - Telegram Sam
T.Rex元曲がほのぼのとした感じに聞こえてしまうほど切れ味鋭いカバー。もはやオリジナル曲と言っていいレベル。「Ziggy Stardust」カバーもあるけどそっちはまんまコピー的。Bowie愛溢れ、それもまた良いのですが。
YouTube
Femme Fatale
Title

Femme Fatale

Artist
Tracey Thorn
Original
The Velvet Underground - Femme Fatale
Ben Watt『North Marine Drive』とともに愛聴盤、Tracey Thorn『A Distant Shore』。そこに収められたヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコのカバー。原曲のNicoボーカルによる神秘的な佇まいに対してこちらは孤独の波間に漂うような瑞々しいカバー。近年、また2人それぞれソロ作リリースがあり、そちらも胸アツだったり。
YouTube
Sleepwalk
Title

Sleepwalk

Artist
Amos Garrett
Original
Santo & Johnny - Sleep Walk
マリア・マルダー「Midnight At Oasis」のギターソロで知られるエイモス・ギャレットによるSanto&Johnnyのカバー。テレキャスターで奏でるドリーミーなエイモスのギターワークが絶品。アルバム『I Make My Home In My Shoes』に収録。
YouTube
Profile

WOW WOW HIPPIES、ROTEN HATSを経て1994年ヒックスヴィル結成。ギタリストとしてFISHMANS、オリジナル・ラブなどに参加。楽曲提供、プロデュースや舞台音楽なども手がける。最新作はインストによる木暮晋也バンドの1stアルバム『EZ LISTENING』。
木暮晋也 Web
ヒックスヴィル Web

Our Covers

鈴木惣一朗
Our Covers #085

鈴木惣一朗

ミュージシャン / 音楽プロデューサー
イハラカンタロウ
Our Covers #084

イハラカンタロウ

ミュージシャン
松本章太郎
Our Covers #083

松本章太郎

ココナッツディスク江古田店店長
國友洋平
Our Covers #082

國友洋平

pianola records / conatala

EyeTube

倍賞美津子 – いつも一緒に [Mandrill and Michael Masser, Antonio Inoki & the Fighters]
EyeTube #1175

倍賞美津子 – いつも一緒に [Mandrill and Michael Masser, Antonio Inoki & the Fighters]

MFSB – K-Jee [The Nite-Liters]
EyeTube #1174

MFSB – K-Jee [The Nite-Liters]

Janet Kay – Betcha by Golly Wow [The Stylistics]
EyeTube #1173

Janet Kay – Betcha by Golly Wow [The Stylistics]

Eric Clapton – After Midnight [J.J. Cale]
EyeTube #1172

Eric Clapton – After Midnight [J.J. Cale]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT
T-Shirts

DUBCAT

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock

Zungguzungguguzungguzeng
T-Shirts

Zungguzungguguzungguzeng