Gakuji “CHABE” Matsuda
Our Covers #066

Gakuji “CHABE” Matsuda

LEARNERS / kit gallery

カヴァー曲、掘るのも聴くのも作るのも楽しい。今回はDJの時に持って行くレコードと音源の中から選びました。

La China Es Cumbianchera
Title

La China Es Cumbianchera

Artist
Kumbia Queers
Original
Ramones - Sheena Is a Punk Rocker
アルゼンチンのガールズクンビアバンドの2007年リリースの1stアルバム収録のRAMONESカヴァー!”Sheena Is a Punk Rocker”をクンビア化っていうだけでワクワクしてくる最高のカヴァー。
Like a Virgin
Title

Like a Virgin

Artist
Big Daddy
Original
Madonna - Like a Virgin
超有名曲ばかりをオールディーズ化していくDOOWAPグループによるマドンナのカヴァー。実はこちらが60年代初頭に出たオリジナルでマドンナが80年代にカヴァーしたんじゃないかと錯覚してしまうほどのオールディーズ感がハマった名アレンジ。
Heart of Glass
Title

Heart of Glass

Artist
MaCWORRY HILLBILLIES
Original
Blondie - Heart of Glass
静岡のジャグバンドによるBLONDIEのカヴァー。ジャグバンドだけにニューオリンズ感があるスウィングでありながらもトロピカルなサバンナバンド感も同居しててDJでかけるとブースに人がワっと集まってくる。パーティに欠かせない7インチ。
Night and Day
Title

Night and Day

Artist
Sondre Lerche
Original
Fred Astaire and Claire Luce - Night and Day
ノルウェーのシンガーソングライターが2006年に作ったJazzyなアルバムの中の名カヴァー。ロッキンな感じから始まってボサへ。ソンドレの声もばっちりはまってます。
Should I Stay or Should I Go
Title

Should I Stay or Should I Go

Artist
Jools Holland & Kylie Minogue
Original
The Clash - Should I Stay or Should I Go
流石はJOOLS HOLLANDなニューオリンズアレンジ。まんまプロフェッサー・ロングヘアなピアノの上にこれぞカイリーと言わんばかりのトロンとした声で歌われるのは、、、まさかのTHE CLASHの名曲。痺れます。
Can't Help Falling in Love
Title

Can't Help Falling in Love

Artist
Lick the Tins
Original
Elvis Presley - Can't Help Falling in Love
1987年の映画『恋しくて』のラストシーンに使われた最高なケルティックカヴァー。歳の暮れとかに聴いたら問答無用でこみ上げます。DJのときはイントロから曲終わりまでしっかりかけると決めている。
Bizarre Love Triangle
Title

Bizarre Love Triangle

Artist
Frente!
Original
New Order - Bizarre Love Triangle
オーストラリアのバンドの1stに収録。まさかの名曲をアコースティック編成でメロウにカヴァー。申し訳ないのですが彼らのオリジナル曲はあまり憶えてないんですが、この曲は大好きでした。7インチは可愛いレッドヴァイナルです。
Love Is Stronger Than Pride
Title

Love Is Stronger Than Pride

Artist
Amber Mark
Original
Sade - Love Is Stronger Than Pride
どのヴァージョンも素晴らしすぎるSADEの超名曲をカヴァーするなんてすごい勇気だなと思いつつ買った12インチ。針を落として昇天しました。こっちも最高。今のリズムアレンジが効いていてふわふわメロウながら踊れます。
Waiting in Vain
Title

Waiting in Vain

Artist
Halie Loren
Original
Bob Marley and The Wailers - Waiting in Vain
アメリカのジャズシンガーによるボブ・マーリーカヴァー。ノンレゲエなアレンジで軽いボサ的なリズムアプローチが逆にばっちりハマったメロウグルーヴ。7インチ出ないかなぁとずっと思っているナイスカヴァーです。
Mix Up
Title

Mix Up

Artist
Captain Barkey & UU Madoo
Original
Skeeter Davis - The End of the World
曲名は違いますが、かの”END OF THE WORLD”をダンスホールレゲエにリメイクしたエポックメイキングな名曲。聴いたその瞬間に80年代から90年代になる瞬間のクラブの雰囲気を強烈に思い出す。
Profile

松田“CHABE”岳二(まつだ “ちゃーべ” がくじ)
1970年、広島県生まれ。ソロ・プロジェクトのCUBISMO GRAFICO、バンド・スタイルのCUBISMO GRAFICO FIVE、キーボーディスト・堀江博久とのユニット、ニール&イライザ、DJ、リミキサーとして活躍中。また、FRONTIER BACKYARD、LOW IQ 01のライブバンドMASTERLOW等のサポートも務める。2001年には、映画『ウォーターボーイズ』の音楽を手掛け、第25回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。
2010年からは原宿でkit galleryを主宰する傍ら、2015年の夏からは紗羅マリーとのバンドLEARNERSで活発に活動中。同時に様々なアーティストに楽曲を提供している。
kit gallery
LEARNERS

Our Covers

heavenless 2100
Our Covers #070

heavenless 2100

妄想カセット製作 / Vinyl偏愛家
ind_fris
Our Covers #069

ind_fris

音楽制作 / scaffolder recordings
はせはじむ
Our Covers #068

はせはじむ

DJ / プロデューサー / 愛犬家
DJ YAHMAN
Our Covers #067

DJ YAHMAN

Tribal Connection

EyeTube

Los Yaki – Mujeriego [Donovan]
EyeTube #795

Los Yaki – Mujeriego [Donovan]

John Holt – A Love I Can Feel [The Temptations]
EyeTube #794

John Holt – A Love I Can Feel [The Temptations]

LL Cool J – Who’s Afraid of the Big Bad Wolf [Mary Moder, Dorothy Compton, Pinto Colvig and Billy Bletcher]
EyeTube #793

LL Cool J – Who’s Afraid of the Big Bad Wolf [Mary Moder, Dorothy Compton, Pinto Colvig and Billy Bletcher]

Alex Isley – At Your Best (You Are Love) [The Isley Brothers]
EyeTube #792

Alex Isley – At Your Best (You Are Love) [The Isley Brothers]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUB CAT – Cap
Cap

DUB CAT – Cap

DUB CAT
T-Shirts

DUB CAT

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR