Maru
Our Covers #063

Maru

DJ / Modern Records代表
Batman-Theme
Title

Batman-Theme

Artist
Orchester Friedel Berlipp
Original
Neal Hefti - Batman Theme
The Who~The Jam等でお馴染みとなる永遠のモッズアンセム、「バットマン」をカバーした作品で、ドイツ原盤だけのレアな45オンリー。よくあるロッキン系のver.があまり好みではなく、R&B色の濃いアレンジを探してた頃に出会った1枚で、前の人がどんなジャンルをかけてても、一気に自分の世界観へ持って行ける大好きなver.です。
Seven Day Fool
Title

Seven Day Fool

Artist
Gizzelle
Original
Etta James - Seven Day Fool
「1週間のうちの7日間全て、気が狂う程貴方を愛していたい」という情熱的なメッセージの大人気ノーザンソウル、「Seven Day Fool」のレアカバーで、ロッキンな《Wild Records》が手掛けた真っ黒な1枚。60年代と遜色ないVintageサウンドと、唸り上げる野太いヴォーカルが圧巻で、映画『Cadillac Records』でビヨンセが歌うシーンが印象的な「I Would Rather Go Blind」も、Etta Jamesへの強大なリスペクト感が伝わってきます。
Sunshine with My Girl
Title

Sunshine with My Girl

Artist
Prince Buster
Original
The Temptations - My Girl
映画『メイキング・オブ・モータウン』で紹介された誕生秘話も感動的だった、「My Girl」のブルービートSkaカバー。The Temptationsのオリジナル曲の素晴らしさ・完成度を理解しつつも、敢えて「原曲超え」と言ってしまいたい、本当に大好きなver.で、渋谷《DJ Bar Inkstick》で行われてた頃の〈Club Ska〉で出会った多幸感と、【ジャマイカ原盤のぶっとい音圧】に衝撃を受け、一生懸命探して手に入れた思い出の1枚です。
Seven Days Too Long
Title

Seven Days Too Long

Artist
Phoenix City All Stars
Original
Chuck Wood - Seven Days Too Long
〈Northern Soul Top 500 Singles〉でNo.10に選出されたModsシーンで大人気のクラブヒット、「Seven Days Too Long」をカバーした作品で、現行のU.K.スカバンドPhoenix City All Starsによる女性ヴォーカルver.。Dexys Midnight Runnersを丸ごとカバーする気概、Skaの意外なアレンジにやられ即買いした1枚で、「Come On Eileen」のダブVer.もヘヴィプレイ中です。
Ain't Got No, I Got Life
Title

Ain't Got No, I Got Life

Artist
Unknown Artists
Original
James Rado, Gerome Ragni and Hair Original Cast - Ain't Got No
ModsシーンではBackdoor Menのライブ曲として大人気となる、ミュージカル『Hair』の名曲「Ain't Got No」のレアカバー。1969年のポルトガル原盤シングルしか聴けなく、アーティスト名の記載も無い、文字通りUnknownな謎音源で、Nina Simoneのver.よりも使い勝手の良い、リズムが打ってるアレンジがお気に入りの1枚です。
When I Get Low, I Get High
Title

When I Get Low, I Get High

Artist
Soulcrap
Original
Ella Fitzgerald and Chick Webb's Savoy Orchestra - When I Get Low I Get High
デタミネーションズのスカver.でも知名度抜群となった、30年代ジャズ「When I Get Low I Get High」のロッキンブルース・カバー。Lindy Hopの印象が強いエラの名曲を、これ程までに自分のモノにしたver.は他に思い付かず、ライブのカッコ良さも凄くオススメさせて頂きたい1曲。Vintage Musicシーンの現場では、50s系のロックンロール・ジャイブではなく、黒い〈6カウント・ジャイブ〉が最高にハマります。
Just a Gigolo
Title

Just a Gigolo

Artist
Louis Prima
Original
Dajos Béla and Alfred Strauss - Schöner Gigolo, Armer Gigolo
カバーの醍醐味の1つとしてハマっているのが〈セルフカバー〉で、こちらは有名な40年代・50年代のヒット曲とは異なる、ルイ・プリマ本人による1961年ver.。ホンカー度が増幅されたルーツSka直系のシャッフルver.で、ギャズの来日・出演に合わせたスペシャル企画、〈Mods Mayday Japan Top Ska 5〉でも選出させて頂いた1枚です。
Burnt Toast and Black Coffee
Title

Burnt Toast and Black Coffee

Artist
The Beat From Palookaville
Original
Shorty Long - Burnt Toast and Black Coffee
Mike Pedicinのクラブヒットver.があまりに有名な、ポップコーン一番人気曲「Burnt Toast and Black Coffee」のホンカーR&Bカバー。Natty Boさんが参加したヴォーカル・スカ「It's Your Voodoo Working」や、近年《JAZZMAN》が復刻したJimmy McCracklin「The Wobble」等、現在のクラブシーンを色濃く反映させたカバーセンスが素晴らしく、海外の現行アーティストの中で、今一番ライブを観てみたいバンドです。
Voodoo
Title

Voodoo

Artist
Chris Farlowe & The Thunderbirds
Original
Lavern Baker - Voodoo Voodoo
Mickey Baker参加・Phil Spectorプロデュースの大人気曲「Voodoo Voodoo」をカバーした作品で、真っ黒に歌い上げるブルーアイド・ソウルver.。このジャケット・選曲を手掛けたのは、The Clash関連でも有名なGuy Stevensで、Chris Farloweへの最大級の賛辞となる、〈Otis Redding/U.K.Sue EP盤を引用したデザイン〉にも嬉しくなる1枚です。
I Can Tell
Title

I Can Tell

Artist
The Hair
Original
Bo Diddley - I Can Tell
究極にクールなリズム&ブルース(MAXIMUM R&B)を提示した、東京Modsシーンの伝説的バンド、ザ・ヘア(The Hair)による「I Can Tell」のカバー。Dr.FeelgoodやJohnny Kidd等のver.がチープに聴こえてしまう、荒々しいヴォーカル・黒いサウンドに激しい衝撃を受けた作品で、この音源と同じ時代を過ごせた事に、心から感謝の気持ちを伝えさせて頂きたい1枚です。
Profile

東京Modsシーンの老舗イヴェント〈WHISKY A GO GO!〉全盛期のD.J.を務めた、Blues Dress在籍時の中心メンバー。身体表現と音楽を融合させた現代アート〈Stringrphy〉のプロ演奏家として、フランス・ドイツ・オーストラリア・インド等の大使館・美術館での演奏活動を経て、数年前クラブシーンに復帰。国内外に3,000以上のフォロワーを持つfacebookページでは、ファッション~映画~アートを密接にリンクさせた、ルーツ・ミュージックの新しい価値観を提案しています。
Facebook
MODERN RECORDS 1号店(Club系7inch)
MODERN RECORDS 2号店(LP/CD)
MODERN RECORDS 3号店(Rock系7inch)

Our Covers

TOP DOCA
Our Covers #065

TOP DOCA

こだまレコード
Jolan Lewis
Our Covers #064

Jolan Lewis

The Foetals
Maru
Our Covers #063

Maru

DJ / Modern Records代表
Kent Mizushima
Our Covers #062

Kent Mizushima

to’morrow music / records

EyeTube

The Rebels – Rhodesia [Jackie Mittoo and The Soul Vendors]
EyeTube #698

The Rebels – Rhodesia [Jackie Mittoo and The Soul Vendors]

Cliff Bennett & the Rebel Rousers – Back in the U.S.S.R. [The Beatles]
EyeTube #697

Cliff Bennett & the Rebel Rousers – Back in the U.S.S.R. [The Beatles]

Sly5thAve and The Clubcasa Chamber Orchestra – Bitch Don’t Kill My Vibe [Kendrick Lamar]
EyeTube #696

Sly5thAve and The Clubcasa Chamber Orchestra – Bitch Don’t Kill My Vibe [Kendrick Lamar]

千代正行 – Ride on Time [山下達郎]
EyeTube #695

千代正行 – Ride on Time [山下達郎]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUB CAT
T-Shirts

DUB CAT

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”