KEN KEN
Our Covers #059

KEN KEN

KEN2D SPECIAL / URBAN VOLCANO SOUNDS
What a Wonderful World
Title

What a Wonderful World

Artist
Wyatt, Atzmon, Stephen
Original
Louis Armstrong - What a Wonderful World
「What a Wonderful World」は必ず入れたいと思っていて、この曲のカヴァーはたくさんある中でこれが今の自分に1番グッと来ます。
I Will
Title

I Will

Artist
John Holt
Original
The Beatles - I Will
ビートルズのカヴァー曲ってこの世に一体何曲存在するのだろうか。レゲエだけでもすごい数のカヴァーが存在してますが、その中でも大好きな曲。イントロのホーンから心がパーって明るく晴れるて行くような感じがして素晴らしい。
If You Love Me
Title

If You Love Me

Artist
Inna De Yard feat.Kiddus I
Original
Vera Lynn - If You Love Me (Really Love Me)
ジャマイカのレゲエギタリストのEarl 'Chinna' Smithの自宅でアコースティックで名曲たちを再演するというフランスのレーベル《Makasound》が企画したシリーズの中の1曲。これはNOOLIO君が"KEN KENぽい"と教えてくれましたw!! あのオリジナルロッカーズKiddus Iが歌う愛の讃歌!!! 音も良くて、ホーンの塩梅も超好みです。デジタルのみのリリースなので、アナログ7インチでのリリースを強く希望します。キダスア〜イ!イラッシャ〜イ!
のら犬にさえなれない
Title

のら犬にさえなれない

Artist
T字路s
Original
THE STREET SLIDERS - のら犬にさえなれない
10年ほど前にT字路sのライブを観たときにこの曲をやっていて、あまりに自然なカヴァーというか、カヴァーと思えないというか、そういう意味での衝撃も含めてそれ以降刺さっているストリートスライダーズのカヴァー。
Moon River
Title

Moon River

Artist
Dump
Original
Henry Mancini - Moon River
Yo La TengoのベーシストJames McNewのソロプロジェクト。4トラックのカセットレコーダーに録音された珠玉の名曲。たまりましぇん。。
Fly Me to the Moon
Title

Fly Me to the Moon

Artist
Mark Shine
Original
Kaye Ballard – In Other Words
やっぱりスタンダードとかトラディショナルとか、いわゆる"珠玉の名曲"みたいなものが昔から好きな自分にとって「Fly Me to the Moon」は外せないリストに入ってます。
You Are the Sunshine of My Life
Title

You Are the Sunshine of My Life

Artist
Blue Mink
Original
Stevie Wonder - You Are the Sunshine of My Life
シンプルで、淡々としてて、チープな質感、最高。
GREEN SLEEVES
Title

GREEN SLEEVES

Artist
小玉和文
Original
Traditional Folk - Greensleeves
1993年に横須賀ポートランドで開催された〈レゲエジャパンスプラッシュ〉で小玉さんが出演されていてこの曲を演奏していたのをその場に居て聴いていたのですが、めちゃめちゃグッと胸に刺さったのを、その光景を、今でも凄く憶えてます。
と同時に小学校の下校時に聴こえてきた「GREEN SLEEVES」、電話の"少々お待ちください"の時に聴こえて来た「GREEN SLEEVES」も、それぞれのその光景と共に心に刻まれてるトラディショナル。
Thinking of You
Title

Thinking of You

Artist
Paul Weller
Original
Sister Sledge - Thinking of You
東高円寺《GRASSROOTS》で昼くらいに窓が開け放たれて光が差し込んでくる時間を思い出す。幸せせつな関係。
My Way
Title

My Way

Artist
URBAN VOLCANO SOUNDS
Original
Claude François - Comme D'habitude
手前味噌ですが、自分関連のグループから1曲。
周りの友達から評判が良いので(笑)、しかしカヴァーのチョイスも含めてほぼこれはURBAN VOLCANO SOUNDSの相方、hacchiの手によるものなんです。僕はトロンボーンを吹いてるだけ。hacchiのトラックメイキング&ボコーダー使いが素晴らしい。気に入ってます。
Profile

BEASTIE BOYSと80sダンスホールレゲエから受けた衝撃を独自にREGGAE DUBにトランスフォームしたサウンド(KEN2D SPECIAL)で2008年にPART2STYLEから初のアルバム『Reality Bites』をリリースし、イギリス国営放送BBCの番組など複数で紹介され、UKの有名音楽誌《WIRE》にレビューが載るなど注目を集める。
2013年自らのセルフ・レーベル《Reality Bites Recordings》を立ち上げ7インチ・シングル「I Fought The Law」「APACHE」(通算8枚目)をリリース、パンクとレゲエを最初に繋げたレジェンド!! あのDon LettsにもBBCの番組で即座にプレイされた。
2015年、Cocktail Boyzとして《black smorker recods》からmixCD『ENDLESS SUMMER』を、2018年にはPOSSE CUTより『ENDLESS SUMMER2』をリリース。
2016年よりDEAVID SOULのhacchiとディスコ・ブギー・バレアリックなクロスオーバーユニットURBAN VOLCANO SOUNDSを始動し、7inch vinyl「そして、カーティスは途方に暮れる/Havana Club」、「sekai wa kimi no mono〜hey young world」feat.ロボ宙、「さめた気分のブギー」と3枚立て続けにリリース。
2020年11月にはURBAN VOLCANO SOUNDSの1stアルバム『blue hour』をリリースしたばかり。
SoundCloud

Our Covers

奥山一浩
Our Covers #095

奥山一浩

PICKUP + oncafe 店主
TOMOE INOUE
Our Covers #094

TOMOE INOUE

宅録純音楽家 / ラジオ浄土寺便
Amemiya KSK
Our Covers #093

Amemiya KSK

discos PAPKIN
HAYASSEN
Our Covers #092

HAYASSEN

VORTEX RECORDS

EyeTube

Willie Bobo – Hurt So Bad [Little Anthony and the Imperials]
EyeTube #1691

Willie Bobo – Hurt So Bad [Little Anthony and the Imperials]

Thriller U – Careless Whisper [George Michael]
EyeTube #1690

Thriller U – Careless Whisper [George Michael]

Clarence Reid – Polk Salad Annie [Tony Joe White]
EyeTube #1689

Clarence Reid – Polk Salad Annie [Tony Joe White]

Miguel Atwood-Ferguson feat. Posdnuos and Talib Kweli – Stakes Is High [De La Soul]
EyeTube #1688

Miguel Atwood-Ferguson feat. Posdnuos and Talib Kweli – Stakes Is High [De La Soul]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT
T-Shirts

DUBCAT

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock

Zungguzungguguzungguzeng
T-Shirts

Zungguzungguguzungguzeng