NTsKi
Our Covers #038

NTsKi

SSW / プロデューサー
At Your Best (You Are Love)
Title

At Your Best (You Are Love)

Artist
Aaliyah
Original
The Isley Brothers - (At Your Best) You Are Love
Aaliyahのメロウな歌声が、私をどこまでも連れていってくれるようなそんな気持ちになります。最近まで彼女のオリジナル曲だと思っていたのですが、The Isley Brothersの曲でした。原曲も良いです。
Family Affair
Title

Family Affair

Artist
George Smallwood
Original
Sly & the Family Stone - Family Affair
PPUから出ている、盲目のシンガー・キーボディストGeorge Smallwoodのライブ音源です。ジャケットになっているライブ写真にグッときたのでジャケ買いしました。
1 in a millyin
Title

1 in a millyin

Artist
Aldous RH
Original
Aaliyah - One in a Million
Aaliyah「One in a Million」がソウル、ファンク好きな彼により、完全にAldous RHの曲に変身しています。ギターソロも気持ち良くて秀逸。
Enta Da Stage
Title

Enta Da Stage

Artist
Black Moon
Original
Alice Coltrane - Journey in Satchidananda
Alice Coltrane「Journey in Satchidananda」ベースリフが大胆にサンプリングされています。クラシックで最高。
sometimes i'm in love
Title

sometimes i'm in love

Artist
watson fothergil
Original
Björk - Like Someone in Love
Björkヴァーションの「Like Someone In Love」のリミックス音源です。BjörkがDinah Shore「Like Someone in Love」をライブでカバーしている音源のアカペラ部分をループさせて作っています(多分)。ビートと繰り返すBjorkの歌声が心地良いです。
Gotham Lullaby
Title

Gotham Lullaby

Artist
Björk
Original
Meredith Monk - Gotham Lullaby
Björk、Meredith Monkの歌声が美しいのは勿論のことですが、この歌の持つメロディー、旋律が本当に美しくて魂が揺さぶられます。
Here Before
Title

Here Before

Artist
Fever Ray
Original
Vashti Bunyan - Here Before
原曲もFever Rayヴァージョンも何度も耳にしていたのにも関わらず、Fever Ray「Here Before」がVashti Bunyanのカヴァーだと気付きませんでした。それくらいにFever Ray調に変わっています。
Blong2Gether
Title

Blong2Gether

Artist
Shaun Grey
Original
Mariah Carey - We Belong Together
マンチェスターに住んでいた頃ホームパーティーを主催したのですが、Shaun Greyもそのパーティーに呼びライブをしてもらいました。彼の「Blong2Gether」に合わせて皆で合唱したのを今でも鮮明に覚えています。
The Drum
Title

The Drum

Artist
Impossibles
Original
Slapp Happy - The Drum
ImpossiblesによるSlapp Happy「The Drum」のカヴァーを故Andrew Weatherallがリミックスした曲です。原曲粉砕されてます。The Impossiblesヴァージョンも良いです。
D'Ya Hear Me!
Title

D'Ya Hear Me!

Artist
NTsKi + 7FO
Original
Brenda Ray - D'Ya Hear Me
ロンドンのHonest Jon's Recordsで購入したBrenda Ray「D'Ya Hear Me!」ですが、まさか自分がカヴァーをすることになるなんて夢にも思っていませんでした。憧れのレコードショップだったので、お店に入るなりキョロキョロとしていたところに日本語の帯のCDを発見し、ジャケ買い。それから7年を経て、EM Recordsの協力の元、7FOさんとカヴァーをさせていただきました。Brenda Rayに敬意を込めて。
Profile

京都出身のSSW / プロデューサー。どこか不気味さの漂うボーカルと多様な音楽性が混在するトラックを制作しシームレスに活動。セルフ・プロデュース作以外では、《TAR》から食品まつり a.k.a foodman、《Orange Milk》からCVN、《EM Records》から7FOとのコラボ楽曲をリリース。田我流のアルバム『Ride On Time』への参加、落合陽一氏が統括ディレクターを務めた「SXSW2019」に出展された経済産業省主催日本館への楽曲提供などがある。
ntski.com
https://soundcloud.com/ntski
https://instagram.com/ntski/
https://facebook.com/ntski/
https://twitter.com/NTsKiiii

Our Covers

ミノワゲンタ
Our Covers #045

ミノワゲンタ

GLOCAL RECORDS
馬場正道
Our Covers #044

馬場正道

渉猟家
ワダマコト
Our Covers #043

ワダマコト

ギタリスト / シンガー
DJサモハンキンポー
Our Covers #042

DJサモハンキンポー

ミュージシャン / DJ / 編集者

EyeTube

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]
EyeTube #431

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]

4-Corners – Suavecito [Malo]
EyeTube #430

4-Corners – Suavecito [Malo]

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]
EyeTube #429

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]
EyeTube #428

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug