板垣正信
Our Covers #037

板垣正信

Nat Records代表

とっさに頭に浮かんだ10曲を。探して「あ〜これこれ!」というモノよりも自らの記憶に残るインパクト勝負でしょうか? 順不同。でもこうやってみると職業柄かPunk / New Wave系統が多く自分が好きなのが多いかもしれませんね。

Down Home Girl
Title

Down Home Girl

Artist
The Rolling Stones
Original
Alvin Robinson - Down Home Girl
ほぼ同時期にカバー、Alvin Robinsonの7”で知られる米ソングライターJerry Leiber & Artie Butlerのペンによる曲。しかしデビューしたてのThe Rolling Stonesカバーはすこぶるいい。初期にこんな渋いのズルい。個人的にThe Rolling Stonesの好きな曲にランクインしちゃう。
Walk on By
Title

Walk on By

Artist
The Stranglers
Original
Dionne Warwick - Walk on By
Dionne Warwick以降多数のカバーが存在するBurt Bacharach & Hal David名コンビのペンによるヒット曲。しかしThe Stranglers Versionの男臭く泣ける感じがタマらない。
Solid Gold Easy Action
Title

Solid Gold Easy Action

Artist
Department S
Original
T-Rex - Solid Gold Easy Action
ご存知T-Rexによるシングル曲ですが、こちらは英New Waveグループによるシングル曲裏面にヒッソリと収録されたNew Wavyな仕上がりが可愛い感じに仕上がったカバーです。
Music to Watch Girls By
Title

Music to Watch Girls By

Artist
The Higsons
Original
The Bob Crewe Generation - Music to Watch Girls By
Easy Listeningの言わずと知れた名曲をThe Higsons流に料理、お洒落に仕上がった名カバー 。好きです。
San Fransisco
Title

San Fransisco

Artist
Hubble Bubble
Original
Scott McKenzie - San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)
リスペクトするだけがカバーでは無い。超有名曲 / 60’s ヒッピーカルチャーを痛烈に批判 / 嘲笑った態度で解体カバーしたBelgian Punk早熟の名カバー。後のPlastic Bertrandが在籍。
Only You (And You Alone)
Title

Only You (And You Alone)

Artist
Ringo Starr
Original
The Platters - Only You (And You Alone)
ご存知Fab 4のお方がソロでカマしたカバー曲。有名曲をモノにするってだけで凄いカバーだと思う。
Surfin’ Bird
Title

Surfin’ Bird

Artist
The Cramps
Original
The Trashmen - Surfin' Bird
The Crampsのレパートリーの殆どがカバーだ。しかし60’sの陽の当たらなかったGarage Punkやそれ以前のRockabilly〜R&Rを自身の活躍により一気に世に知らしめた。埋もれた光るものを発掘した功績は大きい。ここでは1st 7”をチョイスしましたが、他にも好きなカバーは山ほどある。
A New England
Title

A New England

Artist
Kirsty MacColl
Original
Billy Bragg - A New England
Billy BraggもKirsty MacCollも両方とも凄く好きだから言う事なし。
Move on Up
Title

Move on Up

Artist
The Jam
Original
Curtis Mayfield - Move on Up
バンドとして完成され、終焉期を迎えたThe Jam最終シングルに収録されたCurtis Mayfieldカバー。Black Musicを愛したPaul Wellerの一つの到達点。
I Don’t Want to Grow Up
Title

I Don’t Want to Grow Up

Artist
Ramones
Original
Tom Waits - I Don't Wanna Grow Up
長い活動を誇ったForest Hills, Queens出身のパンクバンド、Ramonesがその幕を閉じる最終シングルに選んだのがTom Waitsのカバー。7”シングルカットで出される事が無かったのが惜しまれる。「大人になんかなるものか」パンクバンド最高の終幕かと。
Profile

新宿で営業を続けるレコード店Nat Records店長。渋谷Caveや新宿Wire (旧ミロス・ガレージ) で行われていた "1977" のレギュラーDJやこちらも新宿Wireで90年代末〜2000年代まで続いた人気イベント “Rotar Are Go!” でもレギュラーDJとして活躍。4作リリースされているDJ Mix CDシリーズの『Cemetry GatesVol.1 // Vol.2 // Vol.3』は全て完売、監修+執筆の《リットーミュージック》より2014年に出版されたディスク・ガイド『70s パンク・レコード図鑑 : Underground Punk Rock Vinyl Archives 1976 - 1985』は国内外で話題となり、現在は宇川直宏氏主催による Dommune (ドミューン) では「Killed By Dommune」というタイトルで計5回DJプレイ。新たなDJ Mix CDシリーズ『 Underground Punk Rock Vinyl Archives 1976 - 1985 Vol.1 』は発売1週間で完売。
NAT RECORDS

Our Covers

ミノワゲンタ
Our Covers #045

ミノワゲンタ

GLOCAL RECORDS
馬場正道
Our Covers #044

馬場正道

渉猟家
ワダマコト
Our Covers #043

ワダマコト

ギタリスト / シンガー
DJサモハンキンポー
Our Covers #042

DJサモハンキンポー

ミュージシャン / DJ / 編集者

EyeTube

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]
EyeTube #431

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]

4-Corners – Suavecito [Malo]
EyeTube #430

4-Corners – Suavecito [Malo]

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]
EyeTube #429

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]
EyeTube #428

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug