ジョンとポール
Our Covers #036

ジョンとポール

宅録ミュージシャン

アルバム単位で音楽を聴くのが好きなので好きなカバーアルバムを10枚、各1曲を選びました。(Artist アルファベット順)

I Should Have Known Better
Title

I Should Have Known Better

Artist
The Beach Boys
Original
The Beatles ‎– I Should Have Known Better
最高にご機嫌な『Beach Boys’ Party!』。アコースティック・ギターとコンガでビーチ・ボーイズのコーラスが楽しめるなんて夢のよう。フィル・スペクターからボブ・ディランまで本当に全曲良い曲ばかりですが、目玉はやっぱり3曲も入ってるビートルズ・カバーでしょう!
3たす3と3ひく3
Title

3たす3と3ひく3

Artist
Doppelzimmer
Original
谷川俊太郎 / 武満徹 - 3たす3と3ひく3
山猫遥子さんと古川麦さんのデュオDoppelzimmerのアルバム『田園』。素晴らしいオリジナル曲も収録されてますが、本領は一筋縄では行かないカバー曲にあるのかなと。アレンジは飾り気なく知的に小粋です。選んだこの曲は作詞:谷川俊太郎、作曲:武満徹。知らなかった・・・なんて素晴らしい歌なんでしょう!
ONGAKU
Title

ONGAKU

Artist
John to Paul
Original
イエロー・マジック・オーケストラ - Ongaku
カバー作品がやたらと多い私、1枚だけいいですか? YMOカバー。アナログ7インチシングル。上記、古川麦さんをアレンジャー&コンダクターに迎え、いつに無くハイファイ・サウンド。逆面(両A面)は鈴木慶一さんのソロ曲「God Save The Men」。
悲しい酒
Title

悲しい酒

Artist
前園直樹グループ
Original
美空ひばり - 悲しい酒
前園直樹グループによる歌謡曲カバーアルバム『遠くへ。前園直樹グループ第二集。』。最小ジャズ・コンボをバックに、鼻にかかった声にビブラートをきかした一癖ある歌唱がたまらない。「悲しい酒」に顕著ですがピアノの小西康陽さんによるコード付けが昭和歌謡を劇的に変化させます。
In a Mist
Title

In a Mist

Artist
Ry Cooder
Original
Bix Beiderbecke - In a Mist
皆がイメージする「ジャズ」より、もうちょっと古い「ジャズ」を集めた、ライ・クーダーのアルバム『ジャズ』。インスト中心ですがとぼけたボーカルもご愛嬌。選んだ「In a Mist」などとてもそんな古い曲に聴こえずアメリカ大衆音楽の懐の深さに感じ入ります。
Changes
Title

Changes

Artist
Seu Jorge
Original
David Bowie - Changes
映画『ライフ・アクアティック』に出演、映画中で演奏する為のデヴィッド・ボウイのポルトガル語による弾き語りカバー。それらの楽曲をスタジオで録り直したのがこちらのアルバム。全く素晴らしいのですが、屋外で撮影された映画のシーンの方がさらに良い。
https://youtu.be/UvhGvxuOREw
映画の特典で未公開も含め弾き語りシーンを集めたDVDディスクも出てますよ。
Youkali: Tango Habanera
Title

Youkali: Tango Habanera

Artist
Teresa Stratas
Original
Kurt Weill - Youkali
当時忘れられていたクルト・ワイルの曲を発掘・収集したその名も『知られざるワイル~クルト・ワイル歌曲集』。レコードジャケットを開くと貴重な写真や資料も満載。必ずプレーヤーのそばに置いてる愛聴盤。「ユーカリ・タンゴ」は今や多くの歌手が歌う有名曲に。
I Got It Bad and That Ain't Good
Title

I Got It Bad and That Ain't Good

Artist
Thelonious Monk
Original
Duke Ellington - I Got It Bad (And That Ain’t Good)
セロニアス・モンクのデューク・エリントン・カバー・アルバム。ジャズにカバーもなにもないような気もしますが、モンクがアルバム一枚同じ誰かの曲って珍しい。びっくりするようなところは無いんですが、故にこれが良いのです。選んだのはソロで始まって途中からバンドが加わる曲。二度美味しい曲。
吟遊詩人の唄
Title

吟遊詩人の唄

Artist
東京太郎
Original
河井坊茶 - 吟遊詩人の唄
鈴木慶一さんの変名「東京太郎」による『TOKYO TARO is living in Tokyo』。このミニアルバムやMoon Ridersによるカバーアルバム『B.Y.G. High School B1』等で古い日本の面白い曲を知りました。竹取物語をモチーフにウイットにとんだ歌詞が絶妙、「吟遊詩人の唄」は作詞・作曲 三木鶏郎、河井坊茶のカバー。「マニアの受難」(moon riders)という曲を書いた慶一さんが歌うと竹取物語がコレクターの悲哀に。
Bing Crosby
Title

Bing Crosby

Artist
Van Dyke Parks
Original
Roaring Lion - Bing Crosby
(オリジナリティが強すぎて忘れそうですが)カバー・アルバム『ディスカヴァー・アメリカ』。カリプソ「FDR in Trinidad」は自分のアルバム『ENGLISH-JAPANESE』に翻訳し収録しました。この「Bing Crosby」も訳してよく歌ってます。このアルバムに収録された古いカリプソのセレクション、歌詞はほのぼのとした中にも風刺が混ぜ込んであり、いつまで経っても色あせない。
Profile

1971年生まれ。広島県呉市在住。2006年『1秒=百万年』より最新作『パレルガ・ウント・パラリポーメナ』まで9枚のアルバムを発表。2020年4月アナログ7インチEP『ONGAKU / GOD SAVE THE MEN』を古川麦編曲により京都、誠光社よりリリース。
https://twitter.com/dohi_john
https://www.instagram.com/johntopaul

Our Covers

ミノワゲンタ
Our Covers #045

ミノワゲンタ

GLOCAL RECORDS
馬場正道
Our Covers #044

馬場正道

渉猟家
ワダマコト
Our Covers #043

ワダマコト

ギタリスト / シンガー
DJサモハンキンポー
Our Covers #042

DJサモハンキンポー

ミュージシャン / DJ / 編集者

EyeTube

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]
EyeTube #431

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]

4-Corners – Suavecito [Malo]
EyeTube #430

4-Corners – Suavecito [Malo]

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]
EyeTube #429

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]
EyeTube #428

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug