小渕晃
Our Covers #018

小渕晃

ライター / エディター / 選曲家

『シティ・ソウルな異文化間カヴァー』
カヴァーは、知らないレコードを買う際の一番の判断基準にしてきたかも。「あの曲のカヴァーが入っているから」と買い求め、愛聴盤となったレコードは数知れず。中でも、国や人種、スタイルなど「文化」がオリジナルとは違う者によるカヴァーは、ちょっとおかしなケミストリーが生まれていたりして大好物です。ここではそういった、クロスオーヴァーなテイストが魅力となる楽曲のクロスオーヴァーなカヴァーをご紹介。

Cos I Love You
Title

Cos I Love You

Artist
Tom Misch
Original
Pazazz ‎- So Hard To Find
Pazazzによるご機嫌な1979年産アイランド・ブギー名曲を、メロディと歌詞を創作〜もともとはなかったヴァースを足してカヴァーした技ありな絶品。実はヒップホップ・ヘッズなTom Mischならではの、サンプリング+カヴァーの合わせ技が新鮮です。
Swearin' To God
Title

Swearin' To God

Artist
Charing Carpio
Original
Frankie Valli - Swearin' To God
山下達郎さんも溺愛する1975年のブルー・アイド・ニューヨーク・ディスコ超名曲は、当時アジア諸国でもカヴァーされまくり。キュートで真っすぐな歌声がまぶしい香港のCharing Carpio嬢ヴァージョンも、70sダンディ感溢れるシンガポールのMike Remedios氏ヴァージョンも大好きです。
Love Never Felt So Good
Title

Love Never Felt So Good

Artist
Johnny Mathis
Original
Michael Jackson - Love Never Felt So Good
マイケルが1983年にポール・アンカらと共作、デモを吹き込むもお蔵入りした曲ですが、1984年にアメリカの大物ポップス歌手Johnny Mathisが録音していました(なのでこっちがオリジナル?)。マイケルの2014年ヴァージョンでも参照されたディスコ・ブギーなアレンジが楽しい好曲です。
My Simple Heart
Title

My Simple Heart

Artist
The Dukes
Original
The Three Degrees - My Simple Heart
作者によるセルフ・カヴァーで忘れ難いのはこれ。The Three Degreesのというよりも、世界中で大ヒットしたCarol Douglasのヴァージョンで知られるメロディアス・ディスコの人気曲を、より青臭く、シティ歌謡に仕立てています。1981年のヒット・シングル"Mystery Girl"のB面収録。
Changin'
Title

Changin'

Artist
Esther Phillips
Original
Sharon Ridley - Changin'
名人Jerry Petersアレンジのトラックも主役の歌声もとにかく美麗な大名曲を、アフロ・アメリカン女性シンガーの大御所がカヴァー。生前最後のアルバム収録で、歌声は塩辛い域に達していますが、繰り返し聴いていると病みつきに。『Good Black Is Hard To Crack』には他にも良曲あり。
Be Yourself
Title

Be Yourself

Artist
Logic System
Original
Debra Laws - Be Yourself
「第4のYMOメンバー」松武秀樹さん=Logic Systemが、あの"Very Special"で知られるDebra LawsのAORソウル名曲を料理。アメリカ西海岸でMichael Breckerらと録音した1981年の『Venus』収録で、とにかく音がいいですが、いろんな音のバランスのおもしろさにハマります。
Let's Get It On
Title

Let's Get It On

Artist
Lizzy Mercier Descloux
Original
Marvin Gaye - Let's Get It On
ヴァイナルでは"Calypso Moguls"の12インチにしか入っていないからか、あまり語られませんが、Marvin Gaye名曲をDennis Bovellのミックスでレゲエ・カヴァーした絶品。CDでは『One For The Soul』のリマスター盤で聴け、このアルバムには"Scala Saga Samba"などいい曲詰まってます。
How Deep Is Your Love
Title

How Deep Is Your Love

Artist
PJ Morton
Original
Bee Gees - How Deep Is Your Love
Maroon 5の正式メンバーにして、グラミーの「ベストR&Bアルバム」3年連続ノミネートという大記録を樹立中の現代No.1ソウルマン。Bee Geesの名バラードの、ブレイクビーツを用いたオールドスクール調名カヴァーです。PJは"All I Want For Christmas Is You"のカヴァーも絶品でした。
One On One
Title

One On One

Artist
The Bird And The Bee
Original
Daryl Hall & John Oates - One On One
"How Deep Is Your Love"のカヴァーが人気なのは、Little FeetのLowell Georgeの娘さんInara Georgeが歌うユニットも同じ。彼女たちはHall & Oatesのカヴァー・アルバムもサイコーで、曲と歌声の良さが際立つ"One On One"には聴き惚れます。なんとVan Halenカヴァー集もあるのでぜひ。
Setembro (Brazilian Wedding Song)
Title

Setembro (Brazilian Wedding Song)

Artist
Quincy Jones feat. Sarah Vaughan, Take 6
Original
Ivan Lins - Setembro (Primeiro Movimento: Antonio E Fernanda)
最後はアフロ・アメリカン音楽を代表する巨匠の、ブラジル音楽界きってのシティ派SSWによる、魔法がかった美しいメロディにとろける結婚式定番ソングのカヴァーを。Take 6のハーモニーがものすごいけど、巨匠のディレクションあってこそなわけで、これぞ名人芸な音世界に酔えます。
Profile

TOWER RECORDSアルバイト、当サイトの主に拾ってもらってのCISCO勤務を経て、月刊誌『bmr(ブラック・ミュージック・リヴュー)』編集〜編集長。現在はCity SoulとHIPHOP仕事など。編著書『シティ・ソウル ディスクガイド』『HIP HOP definitive 1974-2017』他。
https://twitter.com/akirakobuchi

Our Covers

ミノワゲンタ
Our Covers #045

ミノワゲンタ

GLOCAL RECORDS
馬場正道
Our Covers #044

馬場正道

渉猟家
ワダマコト
Our Covers #043

ワダマコト

ギタリスト / シンガー
DJサモハンキンポー
Our Covers #042

DJサモハンキンポー

ミュージシャン / DJ / 編集者

EyeTube

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]
EyeTube #431

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]

4-Corners – Suavecito [Malo]
EyeTube #430

4-Corners – Suavecito [Malo]

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]
EyeTube #429

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]
EyeTube #428

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug