asuka ando
Our Covers #016

asuka ando

Lovers Rock Reggae Singer

企画(プロデュース)に唸る / 原曲越えと感じている「女性ヴォーカルによるカヴァー」10曲!

Game
Title

Game

Artist
宮沢りえ
Original
David Bowie - Fame
彼女の2ndアルバム「Chepop」収録。ドラマ「いつか誰かと朝帰りッ」の主題歌で、その年の紅白歌合戦 出場。番組史上初となる「中継」スタイル(ビルの屋上に設置された泡ぶくのバスタブの中から歌唱)での登場でした。いま思うと、David Bowieの日本語詞を糸井重里氏にオーダーし、国民的アイドルに歌わせた発案者はどなたなのだろう!BIG RESPECT!当時の歌番組の模様がYouTubeにupされてるのでぜひ。激マブ。
YouTube
愛は眠らない
Title

愛は眠らない

Artist
椎名恵
Original
Olivia Newton-John - Have You Never Been Mellow
1986年放映のTVドラマ「花嫁衣裳は誰が着る」OP曲。先日のGrass Roots22周年パーティのとき、コンピューマさんがオリジナルの方をかけていらしてフラッシュバック。当時10歳にも満たなかったわたくしには、日本中にオリビア旋風が巻き起こっていたイメージ。ジャスミンティーは眠り誘う薬。
YouTube
Feel Like Makin’ Love
Title

Feel Like Makin’ Love

Artist
Bei Xu
Original
Roberta Flack - Feel Like Makin’ Love
数ある中でも、中国出身のジャズシンガーによるナイスアレンジ曲。大ネタ使いがズルイ♡
YouTube
Don’t Let Me Be Lonely Tonight
Title

Don’t Let Me Be Lonely Tonight

Artist
Sharon Forrester
Original
James Taylor - Don’t Let Me Be Lonely Tonight
まさに「原曲越え」を感じている1曲。「ジャマイカのそよ風」シャロンさんの選ぶ(歌う)カヴァーはどれも好み&秀逸。ぜんぶ7インチで欲しい。
YouTube
Like Someone In Love
Title

Like Someone In Love

Artist
Bjork
Original
Dinah Shore - Like Someone in Love
どんな状況で録音したんだろう、道端? わたくしのイメージでは、映画「ティファニーで朝食を」でオードリーがギター片手に『MOON RIVER』を歌っているあのシーンが浮かびます。とっても雰囲気がよくて、想像力を掻き立たせる1曲。
ライブ映像がupされてますが終始ドレスの背中の紐が気になりまくってるBjork嬢がずっと可愛い。(気になっちゃったんだろうなぁ)歌詞が最高にキュートな原曲は、1944年のアメリカ映画『ユーコンの女王』の挿入歌とのこと。
YouTube
This Woman’s Work
Title

This Woman’s Work

Artist
ACO
Original
Kate Bush - This Woman’s Work
ACOさんはカヴァー曲を何曲か盤に収録されているのですが、声質に寄せて選んでいらっしゃるのでしょうか、どれも気持ちいい♨️ Adrian Sherwoodプロデュースのアルバム「material」収録。この盤はPOPSとDUBの融合を意識せざるを得なかった1枚!
バイブレーション
Title

バイブレーション

Artist
ECD Feat. Hac & Seinu (727 Productions)
Original
笠井紀美子 - バイブレイション
こっちが先で後から原曲知りました!
カヴァー認識でいいですよね!
YouTube
Don’t Know Y
Title

Don’t Know Y

Artist
Norah Jones
Original
Norah Jones - Don’t Know Why
エルモと一緒。可愛いセルフカヴァー。
Yくんたら、ちっとも来てくんないの。
YouTube
Plastic Love
Title

Plastic Love

Artist
9m88
Original
竹内まりや - Plastic Love
台湾のシンガー「9m88」による、数あるカヴァーの中でMVの作り込み含めパーペキ!前回逃してしまったので、次回来日されたらライブ観に行きたい!
YouTube
Gypsy Woman
Title

Gypsy Woman

Artist
CAT BOYS feat. asuka ando
Original
Crystal Waters - Gypsy Woman
手前味噌失礼いたします。BEAT UKとBillboard Top 40が最大の情報源だった頃の思い出の曲を日本語意訳カヴァーさせていただきました!歌いながら稼ぐMONEY〜
YouTube
Profile

メロウすぎるにもほどがある© Lovers Rock Reggae Singer。
これまでのリリースはオリジナル・ソロ・アルバム2枚、『mellowmoood』(2015年)『あまいひとくち』(2018年)の他、「思い出野郎Aチーム」「EVISBEATS」「CAT BOYS」ほか、さまざまなアーティストからラヴ・コールを受けコラボ&客演の7インチなどなど。活動の場は縦横無尽。その幅は彼女の音楽嗜好そのもの。
現在は音楽制作のかたわら、NONCHELEEEをはじめデザイナー、+αなクリエイターたちとのコラボレート商品や楽しげなパーティの企画に夢中。
www.mellowmoood.com

Our Covers

ミノワゲンタ
Our Covers #045

ミノワゲンタ

GLOCAL RECORDS
馬場正道
Our Covers #044

馬場正道

渉猟家
ワダマコト
Our Covers #043

ワダマコト

ギタリスト / シンガー
DJサモハンキンポー
Our Covers #042

DJサモハンキンポー

ミュージシャン / DJ / 編集者

EyeTube

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]
EyeTube #431

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]

4-Corners – Suavecito [Malo]
EyeTube #430

4-Corners – Suavecito [Malo]

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]
EyeTube #429

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]
EyeTube #428

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug