本根誠
Our Covers #006

本根誠

レコード製造業

カバー、オマージュ、パクリ・・・いろんな小ジャンル呼び名があるけれど、改作~アダプテーション~を感じる作品に出会うのが好きです。アダプトものの楽しさは、元ネタを知った時、引用のセンスに2度感動できることです。
あとは、今日みたいに〈俺は知ってるぜ!〉って自慢できることです~。

スモーキン・ブギ
Title

スモーキン・ブギ

Artist
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
Original
Elmore James - Shake Your Money Maker
日本の歌謡史でいちばん売れたブルーズ・ナンバーではないかな。
もしも
Title

もしも

Artist
サンハウス
Original
The Who - Heat Wave
Martha & The Vandellas - (Love Is Like A) Heat Wave
ザ・フーのつんのめるようなバージョンを引用してるところが高得点!
夢は果てしなく
Title

夢は果てしなく

Artist
カーネーション
Original
Todd Rundgren - A Dream Goes On Forever
ロックの日本語カバーの最高峰に位置すると思います。
ECDのAFTER THE RAIN
Title

ECDのAFTER THE RAIN

Artist
ECD
Original
Mute Beat - After The Rain
もとのミュートのインストも大名曲だけど、曲名と大雨に見舞われたECDさん主催イベント「さんピンCamp」をクロスさせるセンスがキャッチーです。
陽の当たる大通り
Title

陽の当たる大通り

Artist
キリンジ
Original
ピチカート・ファイヴ - 陽の当たる大通り
ダウナーなピアノ伴奏に絞りこんでバラード化して、歌詞のもつ世界には原曲よりフィットするという珍例。
Love Can't Turn Around
Title

Love Can't Turn Around

Artist
Farley 'Jackmaster' Funk Featuring Darryl Pandy
Original
Issac Hayes - I Can Turn Around
リフに絞りこんだアダプト現象。ハウスの中にはこのようにフォーカス次第で、新曲じゃん! ぐらいに脱皮するアダプトがみたいな曲が多いですね。
The Dark End of the Street
Title

The Dark End of the Street

Artist
Ry Cooder
Original
James Carr - The Dark End of the Street
ギターのみのインスト曲にすることで、原曲の道ならぬ恋の狂おしさは高まるという。
次の曲との曲順で2度目がさめるという、流れとしても美しいアルバムから。
Rolling and Tumbling
Title

Rolling and Tumbling

Artist
Dr. Feelgood
Original
Muddy Waters, and Many Others - Rolling and Tumbling
Hambone Willie Newbern - Roll and Tumble Blues
ウィルコ・ジョンソンにかかると、どんな曲でもウィルコ節になる。労働者階級の改作巨人です!
Subterranean Homesick Blues
Title

Subterranean Homesick Blues

Artist
Bob Dylan
Original
Chuck Berry - Too Much Monkey Business
アレンジのスタイリッシュさはオリジナルに軍配だけど、思わず「なに歌ってるんだろう?」と振り向かせるパワーがすごいですね。
Come Together
Title

Come Together

Artist
The Beatles
Original
Chuck Berry - You Can’t Catch Me
「俺の曲のパクリだぞ!」と訴えられて、ビートルズはあっさり敗訴。負けの対価としてベリー翁は、「もう1曲カバーしてくれ」(印税がはいるから)というエピソード付き。後年ジョン・レノンがちゃんと「You Can’t Catch Me」自体をカバーして一件落着。たしかによく聞くとコマゴマしたところが取り入れられていて、パクリのセンスにも脱帽。
Profile

1961年大田区生まれ。WAVE、ヴァージン・メガストアなどCDショップ勤務を経て、1994年《avex inc. 》に入社。《cutting edge》にてディレクターとして、ニューヨリカン・ソウル、ECD、東京スカパラダイスオーケストラ、BUDDHA BRAND、シャカゾンビ、Fantastic Plastic Machineなど多くのアーティストを手がける。2005年に独立し《essence inc.》を設立。プロデューサー/マネージャーとしてカーネーション、シーナ&ロケッツ、今野英明などを手がける。また、『200CD ブラック・ミュージック』、『The Extended』ほか音楽書籍の共著、編集も多数。現在、東洋化成でアナログレコードの営業マン。

Our Covers

ミノワゲンタ
Our Covers #045

ミノワゲンタ

GLOCAL RECORDS
馬場正道
Our Covers #044

馬場正道

渉猟家
ワダマコト
Our Covers #043

ワダマコト

ギタリスト / シンガー
DJサモハンキンポー
Our Covers #042

DJサモハンキンポー

ミュージシャン / DJ / 編集者

EyeTube

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]
EyeTube #431

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]

4-Corners – Suavecito [Malo]
EyeTube #430

4-Corners – Suavecito [Malo]

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]
EyeTube #429

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]
EyeTube #428

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug