1TA
Our Covers #003

1TA

Bim One Production
Comeback (Sittin on Di Corner)
Title

Comeback (Sittin on Di Corner)

Artist
Ghost
Original
Suzanne Vega - Tom's Diner
カヴァーされやすい曲代表、スザンヌ・ヴェガ「Tom’s Dinner」を無駄にキラーでおどろおどろしいガンジャ・チューンに仕立て上げた奇カヴァー。リズムである「Acid Rain」は808 / 303使いの珍ダンスホールとして名を馳せています。
Satisfaction
Title

Satisfaction

Artist
Garnet Silk
Original
Carl Dawkins - Satisfaction
ジャマイカン・オールディーズ名曲を、孤高の名シンガー、ガーネット・シルクがダンスホール・カヴァー。大好きなアーティストが大好きな曲をカヴァーってことで間違いない一品です。
Towers Of The Dub
Title

Towers Of The Dub

Artist
Dylan Group
Original
The Orb - Towers Of Dub
ジ・オーブの名ダブ・チューンのバンド再演ヴァージョン。渋いカヴァーです。
Love Ballad
Title

Love Ballad

Artist
Freddie McGregor
Original
L.T.D. - Love Ballad
L.T.D.の名曲をジャマイカン・御大シンガーがしっとりカヴァー。Soul Syndicateの演奏、そしてDubヴァージョンにもうっとり。
HUMAN JAH VICTORY Riddim
Title

HUMAN JAH VICTORY Riddim

Artist
NATURAL VYBZ
Original
Dubkasm - Victory!
日本のヒューマン・ボクサー・チームによる、UKレゲエ・ステッパー名曲のビートボックス・ヴァージョン。こんな渋い曲を口だけで再演する心意気に拍手。
Havana Club
Title

Havana Club

Artist
KEI & URBAN VOLCANO SOUNDS
Original
Ottmar Liebert & Luna Negra - Havana Club
チーム梅ヶ丘?なメンツによる、Ottmar Liebert & Luna Negraのスパニッシュ・ギター使い名曲レゲエ・カヴァー。Celebsケイちゃんのポロロンなギターも◎
Daddy (Spanish Version)
Title

Daddy (Spanish Version)

Artist
Queen Ifrica
Original
Queen Ifrica - Daddy
自身によるラテン・スパニッシュ・ヴァージョン。ごくたまにカルチャー系のジャマイカン・アーティストがやるラテン・チューンは本当に素敵です。こちらはリリックが重い〈近親相姦批判チューン〉ですが、リズムは軽快に。
Caravan
Title

Caravan

Artist
Jimi Tenor
Original
Duke Ellington - Caravan
「Caravan」好きの自分の中でも最もキラーだと思うカヴァーはこれかも。危ない電子音の塊のようなキックベースにあのフレーズ。痺れます!
A House is Not A Home
Title

A House is Not A Home

Artist
Luther Vandross
Original
Dionne Warwick - A House Is Not a Home
いわゆるメジャーな人によるメジャーなソウル・バラード・カヴァーですが、数ある「A House is Not A Home」の中でもトップクラスの演奏と歌唱力はいつ聴いても息と時が止まる〈間〉。すごいです。
Burnin' and Lootin' [AFROPUNK FEST Brooklyn 2014]
Title

Burnin' and Lootin' [AFROPUNK FEST Brooklyn 2014]

Artist
D’Angero
Original
Bob Marley & the Wailers - Burnin' and Lootin'
音源にはなっていないのですが、NY/ブルックリンで行われた「AFROPUNK FEST」でバック・バンドにザ・ルーツを従えたライブ。Youtubeで観たのですが、クエストラブのドラムさばきを筆頭に演奏とディアンジェロの声がとんでもないハーモニーを生み出していて、ボブ・マーリーのカヴァー曲の中でも別の次元に昇華している。極キラー。
Profile

Bim One Production/Riddim Chango/BS0。レゲエ/ダブを軸に世界中に点在する〈リズム〉を有機的に結合していくオリジネーターDJ。また、「Bim One Production」のプロデュース兼レーベル《Riddim Chango》主宰の一人でもあり、ベース・カルチャー発信集団「BS0」のメンバーでもある。2003年頃から数々のMix CDやトラック提供、リミックスなど作品を残し、2010年から2012年までロンドンに長期滞在を決行。これまでにロンドン随一のトロピカル・ベース・パーティ「Arriba la Cumbia」でのレギュラー出演や、バルセロナの老舗ビッグ・クラブApollo2の人気パーティ「Rumba Club」で日本人初のゲストDJとして招かれた。2011年にはヨーロッパ最高峰といわれるレゲエフェス「Rototom Regaae Fes」にDJとして出演、2012年3月に行われたUK滞在集大成となるヨーロッパツアーも各都市で大成功を収めた。現在「Bim One」名義を中心に数多くの音源作品をリリース中。

http://bim-one.net
http://www.riddimchango.co.uk

Our Covers

ミノワゲンタ
Our Covers #045

ミノワゲンタ

GLOCAL RECORDS
馬場正道
Our Covers #044

馬場正道

渉猟家
ワダマコト
Our Covers #043

ワダマコト

ギタリスト / シンガー
DJサモハンキンポー
Our Covers #042

DJサモハンキンポー

ミュージシャン / DJ / 編集者

EyeTube

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]
EyeTube #431

The Cyrkle – Turn of the Century [Bee Gees]

4-Corners – Suavecito [Malo]
EyeTube #430

4-Corners – Suavecito [Malo]

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]
EyeTube #429

Van McCoy – Theme from Star Trek [Alexander Courage]

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]
EyeTube #428

Mato – Swan Lake Dub [Pyotr Ilyich Tchaikovsky]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

eyeshadow<br/>“Mew O’Clock”
T-Shirts

eyeshadow
“Mew O’Clock”

RAGGAMUFFIN TERMINATOR
Cap

RAGGAMUFFIN TERMINATOR

eyeshadow’s Dub Workshop<br/>“Ethiopian Relaxation”
T-Shirts

eyeshadow’s Dub Workshop
“Ethiopian Relaxation”

Mew O’Clock – Mug
Goods

Mew O’Clock – Mug