Yukitomo Hamasaki
Our Covers #074

Yukitomo Hamasaki

mAtter

はじめまして。《mAtter》というレーベルを運営しています濱崎と申します。今回は、僕が大好きなラヴァーズ・ロックから思い出のある10曲を。

Do That to Me One More Time
Title

Do That to Me One More Time

Artist
Jennifer Lara
Original
Captain & Tennille - Do That to Me One More Time
初めて聴いたのは、高校生の時。それからずっと探してたんですが、20代の頃にMXテレビの深夜の番組で偶然かかったのを速攻録画して、クレジットをなんども巻き戻してメモった。思い出の曲です。 スタワンの音にジェニファー・ララの声がなんとも心地よくて、B面のVer.も素晴らしいです。
You Give Good Love
Title

You Give Good Love

Artist
Denise Robinson
Original
Whitney Houston - You Give Good Love
《Wackie’s》産ラヴァーズ・ロック。オリジナルとは制作費の予算も桁違いに低いんでしょうけど、バジェットじゃない。という事を証明してる。大好きなカバー曲。タバコの煙などでいっぱいの時間よりも、人も少なくなってきた朝方に掛けたい曲ですね。
Reunited
Title

Reunited

Artist
Lou & Kevin with the Bushrangers
Original
Peaches & Herb - Reunited
いつもレコードバッグに入っている1曲。アルバムバージョンよりもDUBに接続する12インチを断然オススメ。いつ聴いてもゾクゾクするいいダブ・ヴァージョン。これも高校生の時に初めて聴いたんですが、見つけた時は本当に嬉しかった1曲。「6, Six Street」の12インチも最高です。
You Bring the Sun Out
Title

You Bring the Sun Out

Artist
Janet Kay
Original
Randy Crawford - You Bring the Sun Out
LOVERS ROCKといえばなジャネット・ケイですが、こちらはジャッキー・ミットゥがオルガンを弾いていて、それが心地よくて夢心地です。オリジナルのランディ・クロフォードも素晴らしいのですが、こちらのカヴァー、どちらかというとジャッキー・ミットゥが、歌詞をオルガンで表現しているほどのアレンジ。流石です。こちらも12インチを推奨。
Country Living
Title

Country Living

Artist
Sandra Cross
Original
The Stylistics - Country Living
高一の時に、初めてレコードを買いに行った時に買った1枚。 オリジナルのスタイリスティックスの方では、”I say goodbye to New York City”と歌ってるとこを、”I say goodbye to London City”って歌ってて、なんかそこが理由もなく好きです。ラバーズ・ロックを好きななったきっかけのレコード。ずっと好き。
He'll Have to Go
Title

He'll Have to Go

Artist
Roy & Enid
Original
Jim Reeves - He'll Have to Go
Jim Reevesの原曲も素敵なのですが、こちらのカヴァーも素敵ですよね。少しビンギっぽいアレンもありながら、すごくロマンティックなカバーに仕上がってる。ジャマイカのミュージシャンのお洒落さに脱帽です。1968年に既にこんなカバー出してるってやっぱすごいと思うのは僕だけでしょうか?
Till I Kiss You
Title

Till I Kiss You

Artist
Nana McLean
Original
The Everly Brothers - ('Til) I Kissed You
ノスタルジックな声、きっとミックスや録音も輪をかけてそう感じてしまう。初めて聴いた時から、ずっと好きな曲です。 The Everly Brothersの方もすごく好き。でも、クラブとかだとやっぱNana McLeanの方をかけます。お洒落して出掛けたくなる1曲です!
Conversation
Title

Conversation

Artist
Cornell Campbell
Original
Slim Smith and The Uniques - My Conversation
そもそも、「My Conversation」リディムが好き。 Uniquesで聴けるスリム・スミスの甘い声に負けじと、コーネルさんスィートです。よりテンポが遅くなって、音が分厚くなったこちらを20代の頃はよくDJの時にかけてたと思います。後半にトースティング絡んでくるあたりも最高です。
Long Time No Nice Time
Title

Long Time No Nice Time

Artist
Phyllis Dillon
Original
Bob Marley and The Wailers - Nice Time
Bob Marleyの名曲。フィリス・ディロンさんの歌声もすごく素敵です。この曲が収録されている『One Life to Live』って他にも素晴らしいカバーがいくつも収録されてます。このアルバムも10代の頃に買って以来、ずっと聴いてる僕のオールタイム・フェイバリットです。
Hello Stranger
Title

Hello Stranger

Artist
Brown Sugar
Original
Barbara Lewis - Hello Stranger
素敵なラブソング。Barbara Lewisの原曲も本当に素敵なのですが、こちらはスタイリッシュかつティーンな雰囲気を押し出したラバーズ・ロック。Brown Sugarって3人ともソロになっても素晴らしいシンガーですよね。そういえばバーバラさんの楽曲は映画『Moonlight』でも効果的に使われてましたね! ほんと、歌詞にぴったりなシーンでした!
Profile

Independent Sound and Art レーベル、《mAtter》運営。国内外の作家のサウンド・アートやアンビエント作品などをリリースし、また同時に様々なギャラリーなどで展覧会などを企画。 毎月第4木曜にDJ BAR KOARA「THURSDAY KOARA」にてDJ。
mAtter

Our Covers

Yukitomo Hamasaki
Our Covers #074

Yukitomo Hamasaki

mAtter
Jimmie Soul
Our Covers #073

Jimmie Soul

Radio DJ
Magictouch<br>(DUPER GINGER)
Our Covers #072

Magictouch
(DUPER GINGER)

レコード愛好家 / DJ
木暮晋也
Our Covers #071

木暮晋也

ヒックスヴィル / ギタリスト / ソングライター

EyeTube

Red Hot Chili Peppers – If You Want Me To Stay [Sly & the Family Stone]
EyeTube #920

Red Hot Chili Peppers – If You Want Me To Stay [Sly & the Family Stone]

Fiona Apple & Jon Brion – Everyday [Buddy Holly]
EyeTube #919

Fiona Apple & Jon Brion – Everyday [Buddy Holly]

Lee Perry & The Upsetters – Yakety Yak [The Coasters]
EyeTube #918

Lee Perry & The Upsetters – Yakety Yak [The Coasters]

Paul Weller feat. Boy George – You’re the Best Thing [The Style Council]
EyeTube #917

Paul Weller feat. Boy George – You’re the Best Thing [The Style Council]

Playlists

Editor’s Choice
Playlists #001

Editor’s Choice

Store

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT Cap
Cap

DUBCAT Cap

DUBCAT
T-Shirts

DUBCAT

Mew O’Clock
T-Shirts

Mew O’Clock